年下男性の興味ないサインではバレバレ!本当の脈ありサインと脈なしサイン

年下男性 興味ないサイン バレバレ 恋愛
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)

女性は年下の男性に対して恋愛対象として見ないことが多いですが、男性は年上の女性に対して恋愛対象として見ることが多いです。

そのため、女性は年下男性からのアプローチや関心を

  • からかわれているだけではないか?
  • ただ先輩として慕ってくれているだけではないか?
  • いじってくれるけれど、年下の男性は恋愛対象にはならないのではないか?

と感じ、接し方に悩むことがあります。

そんな年下の男性に振り回されている方に向けて、年下の男性が興味のないふりをしているサインや、本当に興味がないときの行動、そして年下の男性が興味を持っていることがバレバレなときの接し方について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

【年下男性の興味ないサインはバレバレ】好意がある「脈ありサイン」

年下男性 興味ないサイン バレバレ

脈ありサイン1:「仕事ができる!」をアピールしてくる

仕事の実績をアピールすることと、恋愛における好意は、一見関係がないように見えるかもしれませんが、実はそれは脈ありのサインです。

職場で年下の後輩と一緒に働いている場合、女性の方が経験値が高く、仕事に精通していることが多いです。

そのため、年下男性は女性に頼られることはあっても、女性に頼られることはなかなかありません。

だからこそ、年下男性は自分が認められたい、頼られたいという願望を持ち、自分の有能さや頼もしさをアピールしているのです。

男性は女性に比べてプライドが高いため、仕事の実績をアピールすることで、年下でも男であることをアピールしたいのでしょう。

年下男性は可愛いや甘え上手と思われることがありますが、それに反して、男としてのプライドはしっかり持っているものです。

脈ありサイン2:いつも目が合う

自分が好きな人に目で追われる経験をしたことは少なくないと思います。

年下男性も同じです。

年下男性が頻繁に視線を感じたり、よく目が合う場合は、彼が好意を持っている可能性が高いです。

普段は気にしないことですが、目が合う時間は極めて短いです。

そのため、通常、あなたが誰かを見た時に、相手もあなたを見ている可能性は非常に低いと考えられます。

つまり、何度か目が合うという状況は自然とは言えないため、好意があるからこそ、お互いを見ている可能性が高いと言えます。

脈ありサイン3:「年上好き」をアピールしてくる

もし年下の男性と話している時に、彼が「年上が好み」と話題に出した場合、あなたに対して好意を持っている可能性が高いです。

なぜなら、彼が年上の女性が好きと公言することで、彼に好意があるのではないかと考えられるからです。

もし彼がただの冗談や先輩をからかいたいだけなら、別の言葉を選択したはずです。

職場で年上の女性に対して思わせぶりなことを言うと、後で気まずい状況になるかもしれませんし、自分の仕事に支障が出る可能性もありますから、注意が必要です。

脈ありサイン4:いつも会話に入ってくる

年下の男性が、気になる年上の女性が他の誰かと話している時、その会話にいちいち割り込んでくる行動は、好意がバレバレな証拠です。

彼は自分から話しかけるのではなく、他の人々との会話に自ら加わります。

この行動の背後には、まだあなたと1対1で話す自信がない、1対1の会話が緊張するという不安な気持ちが隠れているでしょう。

2人きりで話すことをすると、好きだからこそ照れてしまう気持ちもありますし、話が盛り上がるか不安でもあるため、気軽に話せる状況を作りたいという意図があるのですね。

脈ありサイン5:いつも気遣ってくれる

年下の男性の好意がバレバレな場合、彼は気になる年上の女性のために些細な気遣いをしてくれることがよくあります。

たとえば、彼があなたのために何か役に立つことをしてくれたり、あなたの様子を気にかけてくれたりします。

彼は自分のためではなく、あなたのためにそうするのです。

これは彼があなたに好意を持っているためであり、あなたに対して思いやりの心を持っていることの表れです。

年下の男性が好意を持っている場合、彼は細かいサポートをしてくれるでしょう。

例えば、あなたが必要としているものを先回りして用意してくれたり、疲れたと感じているときにはチョコレートを分けてくれたりします。

これらのことは、彼があなたに気を使っている証拠です。

しかし、彼は好意がバレバレになるのを避けるために、ストレートに表現しにくい面があります。

あなたが彼に気遣ってくれたことに感謝の気持ちを伝えると、「別に、自分のためなんで」といった天邪鬼な返事をするかもしれません。

これは、彼が自分の感謝の気持ちを素直に伝えることに照れているからです。

脈ありサイン6:「男だから」を口癖のように言う

また、彼は「男だから」というフレーズをよく使う傾向があります。

これも、彼が好意を持っているのに興味を持たないふりをしたり、後輩ではなく男性として見られたいという気持ちが隠れている証拠です。

年下でも、彼は男性であることに変わりはなく、あなたを喜ばせたり頼られたりすることを望んでいます。

本当は、「もっと頼ってほしい」「甘えられたらいい」という思いを伝えたいのですが、直接言葉にするのは難しいため、彼は行動や態度でそれを示した後に「男なんで」と言うことで照れ隠しをします。

あなたが彼のことを褒めたときに、「男だから」というフレーズを使って当然のように受け取る場合、彼はあなたを女性として見ていることがうかがえます。

脈ありサイン7:不必要に大人ぶる

年下の男性は、自分が年下でも女性をリードしたい、頼れる人であることを示したいという男性のプライドを持っています。

もし彼があなたに好意を持っている場合、彼は無意識に大人ぶった態度をとることがあります。

彼は年下でも大人だということをアピールし、頼れる男性であると思ってほしいのでしょう。

一般的に、女性は年上の男性が好きだと思われるか、年上の男性に甘えたいと思う人が多いというイメージがあります。

そのため、彼は自分が年下であることにコンプレックスを感じ、背伸びしたいと思うのです。

具体的な行動例を挙げると、オシャレなお店をリサーチして、まるでいつも行っているかのように会話の中でアピールする、飲み会ではお酒の知識をひけらかして大人の男性を演出しようとする、可愛らしいキャラクターには興味を示さず、大人っぽい素振りをする、などです。

【年下男性の興味ないサインはバレバレ】本当に興味がない「脈なしサイン」

年下男性 興味ないサイン バレバレ

脈なしサイン1:2人きりになるのを避ける

本当に興味がない場合、年下の男性は自分と年上の女性だけで話す場面を作ろうとしません。

例えば、二人で話すような機会が訪れた場合、故意に他の人を呼んで話に巻き込むといった行動をします。

これにより、二人きりになることを避け、興味がないことを遠まわしに伝えているのです。

脈なしサイン2:誘っても「予定を確認する」と言われる

飲みに誘われた際に「予定を確認しますね」という返事をした後、何の連絡もない場合、彼が本当に年上の女性に興味を持っていないと考えられます。

年上の女性が上司や先輩の場合、すぐに断ることは難しいため、曖昧な返事をしてその場をしのいでいるのです。

「予定を確認する」と言われると、はっきりした拒絶とは受け取られず、調整するつもりだと思われるため、彼はそのような表現でやんわりと断っているのかもしれません。

脈なしサイン3:相手の基本的な情報や好みを覚えない

男性は女性と違って、興味がない場合と興味がある場合の振れ幅が大きいです。

そのため、本当に興味がない場合、同じ話を何度しても相手の情報を忘れることがよくあります。

たとえば、出身地や誕生日、好きな食べ物など、自然に会話の中で出てくる情報でも、興味がないのであれば覚えようとしないため、忘れてしまうのです。

女性としては、何度も同じ話をしていても相手に興味がないのか、私に好意がないのかと感じるでしょう。

【年下男性の興味ないサインはバレバレ】好意がバレバレな相手への接し方

年下男性 興味ないサイン バレバレ

好意を持たれた年下男性と関係を進展させたい場合

少しのことでも褒める

好意がバレバレな年下男性との関係を進展させたい場合、褒めることが効果的です。

一般的に、男性は女性から褒められると喜びますし、特に年下男性の場合、年上女性から男として認められたいと思っているので、褒められると大変喜びます。

ただし、褒める際のポイントは大切です。

ただ何でも褒めていても男性は喜びません。

男性の努力や頑張りを見極めて褒めることが効果的です。

これにより、年上女性が年下男性をちゃんと見ているという証拠にもなりますし、さりげない好意アピールにもなります。

一緒にいる時間を作る

恋愛関係を進展させるためには、自然な流れで一緒に過ごす機会を作ることが非常に重要です。

一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、相手への興味を深めることができるからです。

ただし、自然な流れで接点を持つことが重要です。

年下男性が年上女性に好意を抱く場合、憧れから入ることが多いため、男性自身が女性を追いたいと思っている場合は、女性からリードされることを苦手とする場合があります。

若い男性に自分が好意を持っていることを明確に示すと、彼は引いてしまう可能性があります。

そのため、自然な流れを意識してアプローチするようにしましょう。

積極的に頼ってみる

多くの人は、年下の人に頼ることに抵抗を感じるかもしれませんが、特に年下の男性に意識して頼るようにしましょう。

頼る行為には信頼関係が必要ですので、頼られた年下の男性は信頼していると感じ、喜んで頼み事を聞いてくれるでしょう。

頼み事を聞いてもらった後は、きちんとお礼を言って褒めることを忘れないようにしましょう。

年下男性から好意を持たれたけど、現状の維持が望ましい場合

他の人と同じように接する

現状の維持が望ましい場合、可愛がっている後輩であっても、他の人と同じように接するように心掛けましょう。

他の人と同じ態度で接することで、年上の女性は恋愛感情を抱かないことを、間接的に彼に気づかせることができます。

二人きりにはならない

現状の維持が望ましい場合、年下の男性とできるだけ二人きりにならないようにしましょう。

これにより、恋愛的な雰囲気を生み出すことを防ぐことができます。

そして、二人きりになる機会を避ける行動をとっていたら、自然に彼は気持ちがないことに気づいてくれるでしょう。

年下の女性と仲良くなっておく

たとえば、年下の男性と同じ職場にいる場合は、同じ職場の後輩女性と仲良くなるようにしましょう。

もし予期せずに年下の男性との関係を損なってしまった場合、彼が逆恨みして問題行動を起こす可能性も考えられます。

そのような最悪の事態に備えて、同性の後輩や部下には頼れる存在となります。

特に同期の年下男性は、頼りになる存在となります。

なぜなら、そうした騒動が起きてしまった場合、年上の女性と年下の男性の関係性が注目を浴び、悪意のある噂が広まる可能性があるからです。

もしもそんな事態となった場合、年下の男性が同じく年下の後輩や部下である同性の社員によって守られることで、その女性に対する信頼が高まります。

その結果、不当な噂が広がることが抑えられる可能性があります。

この例は単なる一例であり、他の場面でも年上の女性を支えることができる同性の後輩や部下は大切にしておくべき存在です。

それらの人たちに頼れることは、何か問題や困難が生じた際に非常に役立つでしょう。

【年下男性の興味ないサインはバレバレ】まとめ

結論として、年下の男性が好意を持っていることがすぐに分かってしまいながらも、興味がないように振る舞うことは扱いに困るものです。

もしも現在の関係を維持したいと希望しているのであれば、年下の男性に対してあまり関心を示さず、自然に距離を置くことが最善の策です。

しかし、もしも関係を進展させたいのであれば、この記事を参考にして接してみると良いでしょう。