【両片思いの大人】関係の進展の方法と行動について

両片思い 大人 恋愛
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)
スポンサーリンク
  1. 【両片思い 大人】原因
    1. 大人が両片思いになる原因1:相手の気持ちが分からないから
    2. 大人が両片思いになる原因2:過去の恋愛がトラウマになってる
    3. 大人が両片思いになる原因3:職場での恋愛は仕事に影響が出るから
    4. 大人が両片思いになる原因4:どちらかが既婚者だから
  2. 【両片思い 大人】両思いは雰囲気からなんとなくわかる
    1. 大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン1:口癖が似てると感じる
    2. 大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン2:お互いを気遣っている
    3. 大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン3:一緒にいることが多い
    4. 大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン4:目を見つめられるとなんとなくわかる
  3. 【両片思い 大人】行動
    1. 両片思いの大人がとる行動1:気づくと目で追っている
    2. 両片思いの大人がとる行動2:相手の近くへ行ってしまう
    3. 両片思いの大人がとる行動3:理由もなく連絡(LINEなど)してしまう
    4. 両片思いの大人がとる行動4:好きな人や恋人がいるのか探ってしまう
  4. 【両片思い 大人】進展
    1. 大人の両片思いを進展させる方法1:理由を作って2人で会う機会を増やす
    2. 大人の両片思いを進展させる方法2:気持ちを隠して恋の相談をしてみる
    3. 大人の両片思いを進展させる方法3:さりげなく好意を伝える
    4. 大人の両片思いを進展させる方法4:告白して片思いから両思いへ
  5. 【両片思い 大人】関係
    1. 大人の両片思いのもどかしい関係1:友人関係が長いので好意を伝えれない
    2. 大人の両片思いのもどかしい関係2:お互いに恋愛にトラウマがある
    3. 大人の両片思いのもどかしい関係3:職場で恋愛すると仕事に影響が出る関係性
    4. 大人の両片思いのもどかしい関係4:どちらか、またはお互いに既婚者
  6. 【両片思い 大人】まとめ

【両片思い 大人】原因

両片思い 大人

大人が両片思いになる原因1:相手の気持ちが分からないから

大人が両片思いになる原因の1つが、相手が自分に対して好意を持っているのか、それともなんとも思っていないのか相手の気持ちを汲み取るのが難しいからです。

例えば学生同士の恋愛の場合、ふと目が合った瞬間などに相手へ気持ちが伝わってしまうケースも見られます。ですがある程度の経験を積んだ大人の恋愛は、好きという気持ちがあっても、相手や周囲に自分の気持ちを悟られないように隠してしまいます。

お互いが気持ちを隠してしまうことで、両片思いの状態であっても相手の気持ちがわからず関係性が進展しにくい状況を作り出しています。特に職場恋愛の場合、好きな気持ちを抑えて仕事に集中しようという思いが強いため、お互いが感情を隠してしまって両片思いの状態に気づけない場合もあります。

大人が両片思いになる原因2:過去の恋愛がトラウマになってる

若いころは何も考えずに好きな気持ちを相手にぶつけられたということもあるでしょう。

しかし大人の恋愛になると、過去の失恋などの恋愛経験が、トラウマになって新しい恋へ踏み出すのをためらってしまう方も多くいます。実際に告白したとしても、上手くいかなかった場合は今まで通りの状態をキープできない可能性もあります。

今の関係が壊れることを心配して、何もできずに両片思いの状態になっているケースも見られます。中には相手が自分に好意を持ってくれている可能性があると感じていても、失敗するリスクばかり恐れて行動できない方もいます。

しかしトラウマに縛られたままだと、一生恋愛できない状態になってしまう可能性もあるため、トラウマを乗り越えることも大人の恋愛には必要という点を押さえておきましょう。

大人が両片思いになる原因3:職場での恋愛は仕事に影響が出るから

特に片思いの相手が同じ職場で働いているという場合、両片思いとなってしまうケースが多くなっています。同じ職場で働いている方に告白すると、仕事に何らかの影響が出るリスクもあります。

例えば告白して振られた場合、相手と気まずい関係になって仕事がやりにくくなるかもしれません。そして告白が成功した場合でも、付き合っていることが周囲に知られるとからかわれることもあるでしょう。

そして破局したことが知られたときも、周囲に気を遣われて仕事がやりにくくなります。このように職場恋愛はさまざまな形で仕事に影響が出るリスクがあるため、2人の関係を一歩進める決心がつかず両片思いの状態になってしまう場合があります。

同じ職場の人を好きになったら、どうしたら影響を最小限に抑えられるか考えることを忘れないようにしましょう。

 

 

大人が両片思いになる原因4:どちらかが既婚者だから

大人が両片思いになる原因の1つが、どちらかが既婚者だからというものです。すでに既婚者もしくは交際相手がいる場合であっても、パートナーとの関係が悪化して気持ちが離れた状態になっている方もいます。

気持ちが離れたタイミングで他の人を好きになったものの、現在のパートナーのことを考えたら関係を進展させることができません。そして関係が進展させられないまま好きという気持ちだけが育っていった結果、両片思いの状態になってしまうこともあります。

パートナーがいる状態で好きな人との関係を進めようとすると、不倫や浮気のトラブルに発展してしまうため、トラブルを避けるためにも両片思いのまま次のステップへ進めない場合があるのも大人の恋愛ならではの特徴です。

【両片思い 大人】両思いは雰囲気からなんとなくわかる

両片思い 大人

大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン1:口癖が似てると感じる

大人の恋愛は相手の気持ちがわかりにくいことから、片思いか両片思いか判断が難しい場合もあります。そこで両片思いかどうか判断するサインの1つに、口癖が似ていると感じるかどうかというポイントがあげられます。

積極的に話しかけるのが苦手な人であっても、好きな人がいると無意識のうちに好きな人の話に耳を傾けてしまいます。相手の声に耳を傾ける回数が多いことで、相手の口癖などが自然と移ってしまうケースも見られます。

つまり普段の会話の中で、自分の口癖と同じことを相手が話している機会が多いなら、両片思いの状態かもしれません。口癖が似ているかどうかだけではなく、ちょっとした仕草が似ている場合も両片思いの状態の可能性があります。

大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン2:お互いを気遣っている

大人の両片思いは、周囲に自分の気持ちがバレないようにしようという意識が強い一方で、相手のことを意識している傾向が見られます。

相手を意識する中で、好きな人にだけ気を遣う行動をする方も多くいます。日常生活の中で、お互いが気遣っている回数が多いと感じる場合であれば、両片思いの可能性があると判断できます。

もちろん、誰にでも同じように気を遣うタイプの方もいるので、自分だけ特に気を遣ってもらっているのか、他の人にも同じように接しているのか見極めることが必要です。

他の人と比べて自分に対して気を遣ってくれる回数が多いと感じる場合、特別な感情が存在しているかもしれません。普段の接し方から、両片思いの可能性が高いのか、自分の片思いか判断しましょう。

大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン3:一緒にいることが多い

気持ちがバレないように行動するのが大人の両片思いの特徴といっても、好きな人がいたら少しでも近づきたいと無意識のうちに行動する方も多くいます。

そのため相手が好意を持ってくれているかわからない状態であっても、一緒にいることが多い場合は両片思いのサインかもしれません。例えば職場の飲み会の席などで、自然と近い席に座る回数が多いなど、大勢がいる中で近くにいる場合は好意を持っている証拠と判断できます。

また飲み会などの場合、最初は離れた席に座っていることもあるでしょう。席の移動が行われる中で、いつの間にか席が近くなっているなどの場合は両片思いの雰囲気が出ている可能性があります。

大勢でいるときだけではなく、2人でいるときの椅子の位置や体の近さから相手の気持ちを判断することも可能です。

大人の両片思いで両思いと分かる雰囲気・サイン4:目を見つめられるとなんとなくわかる

好きな人がいると無意識に相手を目で追ってしまうのは、年齢に関係なく好きという気持ちがわかるサインです。

自分だけが目線で追ってしまうのではなく、相手からも視線を感じて目が合う回数が多い場合、両片思いの可能性が高いです。しかし目があってもすぐにそらされてしまうと、本当に両片思いなのか不安になってしまう場合もあるでしょう。

ですが大人の両片思いの場合、好きという気持ちがあって見つめてしまっていても、目が合うと恥ずかしいもしくは気持ちがバレたくないという思いからそらしてしまう方も多くいます。

すぐに目をそらされるのは嫌われているからではなく、相手に対して好意を抱いていて意識している証拠と判断することが可能です。

 

関連ページ:両思いだとなんとなくわかる瞬間やサイン!男女の雰囲気や両想いになる秘訣

 

【両片思い 大人】行動

両片思い 大人

両片思いの大人がとる行動1:気づくと目で追っている

両片思いの大人がとる行動の1つが、無意識のうちに相手を目で追ってしまうという点です。相手がどこで何をしているのか気になって、ふとした瞬間に相手を探してしまう方も多くいます。

しかし好きな人を目で追っている場合でも、相手と目が合うとすぐにそらしてしまいます。相手と長く目が合うことはないため、お互いに好意を持っていることに気づかず関係が進展しないことが多いのも大人の両片思いならではの特徴です。

たまたま向かい合った席に座っているというような状況でなければ、普段から何度も目が合うというのは、お互いが相手のことを気づくと目で追っている状態の可能性が高いです。

お互いに目で追っている状態なら両片思いの証拠と捉え、両片思いから両思いへと2人の関係を一歩進める努力をするのも1つの手です。

両片思いの大人がとる行動2:相手の近くへ行ってしまう

大人の恋愛は自分の気持ちを隠してしまうことがある一方で、少しでも相手の近くにいたいという思いがあるケースも多く見られます。

そのため両片思いの大人は、相手の近くへ行ってしまう行動をする場合があります。例えば自由に席を選べるオフィスや職場の飲み会などにおいて、少しでも好きな人の近くの席をキープする方もいます。

好意を抱いていない相手であれば、何度も相手の近くへ行くようなことはありません。少しでも近くにいて好きな人の姿を見たい、声を聞きたいという思いから自然と近くへ行ってしまう傾向があると押さえておきましょう。

また相手との距離が近くても嫌ではないなら、両片思いの状態から一歩先に進むためにアプローチを始めてみるのも1つの手です。

両片思いの大人がとる行動3:理由もなく連絡(LINEなど)してしまう

相手ともっと長く一緒にいたいと思っていても、両片思いの状態だと会えないときにもどかしい思いをする方も多くいます。

そこで会えない時間も相手とつながりたいという思いから、お互いに理由もなく連絡をしてしまう傾向が見られます。

一方通行の理由のない連絡ではなく、お互いに理由もなく連絡を取ることが多い関係性であれば、両片思いの状態かもしれません。またLINEなどで連絡があった場合、好きな相手からの連絡だと返信が早くなりがちです。

相手に対して好意を持っていない場合、連絡が来ても返信を後回しにする場合もあります。そこで連絡の頻度だけではなく、返信の早さや内容などにも注目しながら、両片思いの可能性が高いのか判断しましょう。

両片思いの大人がとる行動4:好きな人や恋人がいるのか探ってしまう

両片思いの大人が撮る行動の1つが、相手にパートナーがいるかどうか探ることです。好きな人ができても、大人の恋愛は相手が結婚しているもしくは恋人がいるという場合もあります。実際に両片思いの状態だとしても、相手が既婚者だと知って失恋してしまう方も多くいます。

そこで相手にパートナーがいることがきっかけで悲しい恋愛にならないようにするために、両片思いの大人は相手に好きな人や恋人がいるのか探る場合が多く見られます。

本人に直接パートナーの有無を尋ねるのではなく、まずは共通の知人との会話の中で、パートナーがいる可能性が高いか探る方もいます。人間関係でトラブルに発展するのを防ぐためにも、相手がフリーだと確信できなければ、アプローチができないのも大人の恋愛ならではの特徴です。

 

【両片思い 大人】進展

両片思い 大人

大人の両片思いを進展させる方法1:理由を作って2人で会う機会を増やす

大人の両片思いを進展させたいと考えているなら、まずは2人で会う機会を増やすことを意識しましょう。

お互いに気持ちがあっても、積極的に告白など具体的な行動をとるのが難しくても、2人で会うだけなら少しの勇気で機会を作れるという場合も多く見られます。基本的に好意を持っている相手から誘われたら、他の用事がなければOKしてもられます。

また相手の片思いに気づいていない状態であっても、会う回数が多いと感じることによって、相手に対して好意を持っていることを気づいてもらえるきっかけとできる可能性もあります。

実際に2人で会うといっても、最初はカフェやランチなど軽い気持ちで誘いに応じやすいところから始めることが大切です。何度か誘いに応じてもらえたら、少しずつ一緒にいる時間を長くしてみましょう。

大人の両片思いを進展させる方法2:気持ちを隠して恋の相談をしてみる

大人の両片思いは、相手が自分のことをどのように思っているのかわからず、具体的な行動に移すのが難しいという方も多くいます。そこで両片思いの状態から進展させるために、好きな人に恋の相談をしてみるのも1つの手です。

相手のことが好きだとストレートに伝えるのではなく、気持ちを隠して恋の相談をすることで、2人の関係を進展させるきっかけとなる場合もあります。気持ちを隠していたら、相手に思いが伝わらないと感じる方もいるでしょう。

ですが気持ちを隠した恋愛相談であっても、一緒にいる時間を増やすきっかけを作れます。何度も相談に乗ってもらっているうちに、自分が相手のことが好きだと気づいてもらえるケースも見られます。相談をきっかけに会話の回数を増やして、少しでも距離を縮めましょう。

大人の両片思いを進展させる方法3:さりげなく好意を伝える

さりげなく好意を伝えることも、大人の両片思いを進展させるうえで大切なポイントの1つです。

例えばさりげなく好意を伝えるために、会話の中で相手のことを褒めるという方法があります。「優しい」「頼りになる」などの褒め言葉を使うことで、相手に対して好意を持っていることが伝わるかもしれません。

ほかにも恋バナきっかけでさりげなく好意を伝える、相手のことを気にかけるなどの方法があげられます。実際に好意をさりげなく伝えていく方法には、いくつかのやり方が存在しています。

不自然にならない形で相手に自分の気持ちに気づいてもらうためにも、自分に合った方法で好意を伝えていきましょう。

ただし好意の伝え方が下手だと、本人には気づかれていないのに、周囲にだけ勘づかれるという状況になってしまう場合もあるため注意が必要です。

大人の両片思いを進展させる方法4:告白して片思いから両思いへ

大人の両片思いを進展させたいなら、勇気を出して告白することも大切です。

告白するときに大切なポイントとなるのが、遠回しな言い方は避け、ストレートに自分の気持ちを伝えていくという点です。回りくどい言い方だと、相手に思いが伝わりにくくなってしまう場合もあるため注意しましょう。

ですが勇気を出して告白したくても、相手の気持ちがわからないと不安という方も多くいます。告白の前段階として、何度か誘いに応じてもらえている、さりげなく好意を伝えたときに良い反応があったなどのポイントから脈ありかどうか確かめておくことも可能です。

相手の反応を見てから告白へとつなげることで、大人の両片思いの状態から両思いの関係に進展できるかもしれません。

 

関連ページ:片思いから両思いになる方法やNG行動は?好きな人との恋が叶う瞬間

 

【両片思い 大人】関係

両片思い 大人

大人の両片思いのもどかしい関係1:友人関係が長いので好意を伝えれない

友人関係が長い、もしくは長く同僚として働いていた相手などの理由から、大人の両片思いはもどかしい関係になってしまう場合も珍しくありません。

実際に友人関係が長い相手を好きになった場合、告白をして断られた場合、今までのような友人関係が維持できなくなる可能性があります。今まで培ってきた関係が壊れることを恐れて、好きという気持ちがあっても好意を伝えられない方も多くいます。

ですが片想いを続けるのは辛い思いをするだけなので、まずは相手が自分をどのように思っているのか確かめてみましょう。友人関係を壊したくない場合でも、何も行動しないままだともどかしい状態が続いてしまいます。本当に好きで関係を進展させたいなら、好意を伝える勇気を持つことも必要です。

大人の両片思いのもどかしい関係2:お互いに恋愛にトラウマがある

若いころの恋愛の場合、勢いで告白できる方も多くいます。ですが年齢を重ねてさまざまな恋愛を経験していくと、過去の失敗を思い出して恋愛や告白に対して消極的な考えになってしまう方も多くいます。

特にお互い恋愛にトラウマがある場合、両片思いの状態であっても大人はもどかしい関係となってしまうケースも見られます。確かに好きな人との関係を進展させようと思うと、振られて傷つくリスクもあります。

ですが何もしないで見ているだけだと、好きな人が他の人と付き合ってしまって悲しい気持ちになるかもしれません。過去の恋愛のトラウマはあくまで過去の話であって、今の恋愛には関係のないことです。

今の好きという気持ちを大切に、トラウマに縛られることなく前へ進めるようにしましょう。

関連ページ:大人の恋愛とは?告白なしでもOK?距離感を保ち恋を楽しむ秘訣とアプローチ方法

 

大人の両片思いのもどかしい関係3:職場で恋愛すると仕事に影響が出る関係性

好きな人が同じ職場の同僚という場合も、大人の両片思いのもどかしい関係になってしまう可能性が高いです。実際に同じ職場の人に告白して断れたという場合、仕事に悪影響が出てしまうリスクがあります。

また両思いとなって付き合い始めたものの、他の同僚に付き合っていることがバレると、からかわれるもしくは気を遣われるなどの理由から、仕事がやりにくくなってしまうケースも見られます。

このような仕事への影響を気にして、好きな人が自分に好意を持っていると感じている場合でも、両片思いの状態を続けてしまう方もいます。しかし両片想いの状態でもどかしい思いをしていると、仕事の効率が落ちるかもしれません。

恋も充実させることで仕事が効率よくできることもあると理解して、今後の好きな人との関係について考えてみましょう。

大人の両片思いのもどかしい関係4:どちらか、またはお互いに既婚者

大人の両片思いがもどかしい理由の1つが、すでにパートナーがいる場合もあるという点です。

両片思いのどちらかもしくは両方が既婚者、すでに付き合っている相手がいるなどのケースも見られます。好きな気持ちがあっても、相手にパートナーがいる状態だと一歩踏み出せないこともあるでしょう。

実際に不倫や浮気の関係になってしまうと、両思いの状態だとしても、周囲にバレたとき辛い思いをすることになります。パートナーがいて不倫などの禁断の関係になってしまうと、気持ちが通じ合っていても辛い思いをするリスクが高いです。

両片思いの可能性が高くても、禁断の関係に進展させるのは避け、気持ちを切り替える努力をすることも必要です。不倫や浮気の関係は、自分たちだけではなく、周囲にも迷惑をかけるリスクが高いという点に注意しましょう。

【両片思い 大人】まとめ

大人の両片思いは「やっかい」で「もどかしい」です。お互いに両思いであるのに相手の好意を気づかない両片思い。

相手の立場を考えて関係が発展しないケースもあります。特に、両片思いの相手が職場の人間であったり既婚者である場合では発展しないことが多いです。

ただ、そういう関係でないのであれば、自分への好意が分かる雰囲気であったり、脈ありサインをチャンスに変えて、両思いの関係へと進展させるべきです。

その方法は、

  • 自分から告白・アプローチする
  • 相手から告白・アプローチしてもらう

かのどちらかです。

上記してきた方法で片思いから両思いの関係へと進展させることができると嬉しいです。