告白を保留した時の返事の切り出し方!OKの伝え方とタイミングは?保留期間は?

遠距離 カップル 恋愛
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)

男性からの告白に対して、すぐに返事をすることができない場合があります。

しかし、返事を保留してしまうと、適切なタイミングで返事をすることが難しくなってしまうこともあります。

そこで、この記事では告白を保留した場合の返事の切り出し方や返事をするタイミングについて詳しく説明します。

参考になる記事となっているので、最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

告白の返事を保留する理由とは?

驚いて返事できなかった

告白されたことに驚き、その場で適切な返事ができないことがあります。

突然の告白には、思いもよらない感情が湧き上がってくるものです。

相手も同様に驚きや戸惑いを感じていることでしょう。

このような場合は、自分自身が冷静になるまで待つことが解決の鍵となります。

関係が浅くて返事に困っている

告白に対して返事を保留する理由として、関係がまだ浅く、相手が好意を抱くほどの関係ではないと考えている場合もあります。

この場合は、相手とのコミュニケーションを深め、信頼関係を築くことが解決の第一歩です。

付き合うかどうか迷っている

告白に対して付き合うかどうか迷っている場合もあります。

相手に対する思いはあるものの、一歩を踏み出す勇気がない状況です。

このような場合は、少し時間を与え、相手が自分の感情を整理するのを待つことが重要です。

関係が壊れるかもしれない不安がある

告白を受けた際に、関係性が壊れてしまう不安を抱えているため、返事ができないこともあります。

友情や仲良しの関係を失いたくないという思いから、慎重に返事を考えているのかもしれません。

簡単には答えずに時間をかけてまじめに考えていることは、告白を真剣に受け止めている証拠と言えます。

告白を保留する期間はどのくらいならいいの?返事のタイミングは?

告白を保留する期間はどのくらいが良いでしょうか?返事のタイミングは早すぎず遅すぎずがベストです。

通常は、すぐに返事をすることが望ましいですが、状況によってはじっくり考えるために時間を取ることもあります。

具体的な期限は決まっていませんが、1週間ほどが適切でしょう。

もし3週間や1ヶ月も待たせると、相手は可哀想に感じるでしょうし、長すぎると相手は既に「NO」と受け取る可能性が高いです。

仕事が忙しいなどの理由でなかなか返事ができない場合でも、相手に対して期日を守ることが大切です。

また、期日を決めた後で返事を断りたくなった場合は、即座に連絡すると相手に「考えずに即答したのではないか」と疑われてしまいます。

熟考して決めた結果だという印象を与えるためにも、期日に返事をするようにしましょう。

告白を保留して返事ができない!付き合うか迷った時の判断基準はどうする?

譲れない条件を整理してみる

人間関係は繰り返し似たようなパターンを辿ることがありますし、恋愛も同様です。

自分がいつも似たような人に惹かれる、別れる理由が似ているという経験はありませんか?過去の恋愛を振り返って、特に辛い思いや嫌なことを整理してみましょう。

すると、自分にとって譲れない条件が分かってくるはずです。

もちろん、「こうじゃなきゃ嫌!」と条件が厳しすぎると、条件に合う相手が見つからないかもしれません。

だからこそ、絶対に譲れない2~3つの条件を優先して考えることをおすすめします。

理想のカップル像をイメージしてみる

もし相手が私の彼氏だったら、私たちはどんなことを一緒に楽しんでいくのか、具体的にイメージしてみましょう。

例えば、毎週デートしていろんな場所に行きたいし、そこでお互いのことをたくさん話したいです。

一緒にいるときはいつも笑っていたいし、おしゃれをしていてもらいたいです。

このように、私が交際して楽しいと感じるイメージが浮かんでくるはずです。

今の相手とは、私の理想のカップル像とマッチしそうですか?もしイメージした時点で違和感を感じるようなら、付き合ったとしても辛い思いをするかもしれません。

あなたを大切にしてくれるか見極める

恋愛はドキドキから始まりますが、それだけでは幸せな関係を築くことはできません。

一方的にときめくことも楽しいですが、それは相手を最優先にし、盲目的になっている状態です。

自分を犠牲にしていたとしても、恋に落ちている間はなかなか気付けません。

このような自己犠牲の上に成り立つドキドキに満足できるでしょうか?幸せなパートナーシップを築くためには、お互いへの思いやりが欠かせません。

ドキドキよりも、あなたを大切にしてくれる人なのかを見極めてください。

親友になれそうか考えてみる

幸せな結婚相手を見つけるための判断基準の1つとして、「親友になれるか?」という視点が重要とされています。

実際、親友になるためには、会話の合う感じや互いの考え方、LINEの頻度における好みや嫌いの共通点など、さまざまな要素が必要です。

もし相手が親友になれそうな感じがするのであれば、それは相性が良い証拠かもしれません。

ただし、この判断には時間がかかることもありますので、焦らずゆっくりと考えることをおすすめします。

告白を保留した場合の切り出し方は?

2人きりになったときの切り出し方

告白の返事をすることを決めたならば、相手と2人きりになれる環境を作ることをおすすめします。

周囲に人がいる状態では、告白の返事は適切な場所ではありません。

職場の場合でも、完全に2人きりになる状態でなければ返事をすべきではありません。

また、断る場合は仕事に支障が出る可能性もあるので、退社後にタイミングを狙うことを考慮してください。

食事をしているときの切り出し方

デートに誘われた場合と似ていますが、男性からの告白を受けた後、2人で食事をしているときに返事をするのも良いタイミングです。

食事中はリラックスして過ごしているでしょうし、会話も弾みます。

食事が一段落したタイミングで、「前の話についての返事なんですけど」と切り出してみてください。

次のデートに誘われたときの切り出し方

返事が保留されている状態でも、相手がデートに誘ってくることもあります。

もしもあなたが返事を決めているのなら、彼からデートに誘われたタイミングで返事をするのがベストです。

先延ばしにすると、相手からは「思わせぶりな行動をしている」と思われてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

自分の気持ちが固まったときの切り出し方

告白された後、まだ自分の気持ちが決まっていない場合、返事を保留することがあります。

しかし、相手はあなたの返事を待っていますので、自分の気持ちが固まったら早めに伝えるのが良いです。

自分自身の気持ちをじっくりと考え、なるべく早く結論を出すことをおすすめします。

LINEで切り出して電話する

告白の返事を保留したままで、自分の気持ちが早く決まりたいと思う場合もあるでしょう。

そのような場合は、LINEで切り出して電話する方法も一つの選択肢です。

テキストで自分の考えを整理し、それから電話で直接伝えることができます。

ただし、相手の感情を考慮し、返事をする場合はなるべく直接会って話すことが望ましいです。

電話で告白の返事をする時には、まず彼との会う予定がなかなか合わない場合ですが、そのような時にはLINEで事前に返事をすることができます。

彼に「この前の話の返事をしてもいい?」というメッセージを送り、彼からの返信があったら、それをきっかけに電話で自分の気持ちを伝えましょう。

告白を保留したあとの上手な伝え方!【OKの場合とNOの場合】

返答がOKの場合

私でもいいなら

もし相手の告白にOKする気持ちがある場合、素直に自分の気持ちを伝えることが大切です。

相手が「付き合って」と言ってきた場合は、「この前の話について返事を保留していたけど、私でもいいなら」と伝えてみてください。

これからもお願いします

もし相手の告白にOKする気持ちがあるのなら、将来の関係性を示唆する言い方も考えてみましょう。

「これからもお願いします」と控えめに返答することも良いでしょう。

もちろん、あなたの性格に合わせて自分らしく伝えてください。

待たせてゴメンね

相手からの告白に対して一定の期間を経てから返答する場合、まずは「待たせてゴメンね」と謝罪の言葉を伝えましょう。

その後、「私も○○さんのことをもっと知りたい」と述べることで、自分の興味を示すことができます。

返答がNOの場合

ありがとう。でも・・

返答を保留していたにも関わらず、最終的にNOと伝えるのは難しいことです。

もし言葉が出にくいのであれば、まず「告白してくれてありがとう」と伝えてみましょう。

初めに告白されたことに感謝の気持ちを伝えることで、相手も自分とは付き合えないと受け止めてくれるでしょう。

告白の返事だけど、ごめんなさい

もし、相手からの告白に対して、自分の気持ちが早い段階で「この人とは付き合えない」と確定した場合には、遠回しに表現するよりも、はっきりと伝えることがおすすめです。

自分の中で迷いがなくなったなら、返事として「告白の返事だけど、ごめんなさい」とストレートに伝えてしまいましょう。

これは、相手に対して優しさの表れとも言えるでしょう。

男性が告白されて返事を待つ場合の心理とは?

返事が分からないとモヤモヤする

男性に限らず、自分の告白に対する返事が分からない状況は非常にモヤモヤします。

返事をもらえない期間、男性はずっと不安定な状態が続くでしょう。

彼らは自分から再び相手を誘うことができず、もしあなたが返事をしない場合はずっとモヤモヤしたまま過ごすことになります。

この状況を避けるためにも、告白を受け入れるつもりがあるならば早めに返事をしてあげる方が良いかもしれません。

断られるんだろうな・・・

思いを打ち明けられた男性が即座に返事をもらえなかった場合、彼らの多くは自分がフラれることを予想します。

好きならばすぐにOKしてくれるだろうと期待しているため、「返事が遅い=断られる」と考えてしまいます。

たとえ告白をする前は自信満々だったとしても、返事を保留されると一気に自信を失ってしまうのです。

緊張して辛い

男性に限ったことではありませんが、好きな人に告白することは非常にドキドキするものであり、緊張もします。

返事が即座にもらえないと、その緊張感がずっと続き、男性にとってはストレスになってしまうことも多いでしょう。

そのため、ストレスが耐えられなくなると返事をもらう前にあきらめてしまったり、返事を急かしてくる男性も存在します。

彼らの心理を考えると、できるだけ早く返事をしてあげることが大切かもしれません。

告白を保留されて場合の付き合える確率は?だいたい振られるの?

告白を保留される場合、付き合える確率は一概には言えませんし、一般的には振られることが多いと言われています。

告白を保留する理由としては、相手の感情がまだはっきりしないためだと考えられます。

もしも相手に対する強い気持ちがあるのであれば、保留する理由はありません。

しかし、保留するということは、まだ十分な好意がないということを意味します。

そのため、自分の気持ちを確かめるために告白を保留し、結果的に「付き合えない」となることも多いです。

こうした経緯から、「告白を保留されると振られる」といううわさが広まったのかもしれません。

まとめ

男性からの告白に対して、すぐに返事をすることができない場合が意外と多いです。

じっくりと考えてから返事をしたいという気持ちも理解できますが、実際には告白された時点で大まかな答えは見えています。

自分の気持ちに向き合い、なるべく早く返事をすることが大切です。

返事を遅くすると、ますます気まずくなり、結局返事ができなくなってしまうこともありますよ。