30代で彼氏がいない女性の特徴と割合は?結婚できる?対処法は?

結婚したい 彼氏がいない 30代 恋愛
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)

この記事では、

  • 結婚したいのに彼氏がいない30代女性の特徴
  • 結婚したいのに彼氏がいない30代女性が気をつけるべきこと
  • 結婚したいのに彼氏がいない30代女性におすすめの出会いの場

を紹介しています。

30代に突入したのに、結婚したい彼氏もいない。こんなハズじゃなかったと落ち込んでいるかもしれませんね。

実は、30代で結婚したい彼氏がいない女性には、それなりの原因があるのです。

そこで、この記事では「結婚したいのに彼氏がいない30代女性の特徴」 と「彼氏がいない30代女性が気を付けること」を紹介しています。

また、最後には「結婚したい30代女性が結婚できる方法」も紹介しているので、最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク

30代で彼氏がいない女性の特徴7選!

「どうして私に彼氏がいないの?」という30代女性の特徴を紹介しています。

男性不信になっている

30代で彼氏がいない女性の特徴5つ目は、男性への警戒心が強く、誘いを断ってしまうことです。

一度男性不信になってしまうと、二度と傷つきたくないという防衛本能が働き、新たな男性に心を開かなくなってしまいます。

結果的に、デートにすら応じなくなってしまうのです。

このような心理状態に陥ると、素敵な出会いを逃してしまう可能性が高くなります。

恋愛にはリスクも付き物ですが、過去の経験を背負っていても現実的な解決策ではありません。

もし彼氏が欲しいという思いがあるのであれば、過去のトラウマを乗り越え、新たな出会いに対して心を開いてみることが重要です。

マイナス思考になっている

彼氏がいない30代女性の特徴として、物事を否定的に考えてしまうことが挙げられます。

マイナス思考の女性は、相手の言動に対して敏感に反応し、出会いの場に行っても早く疲れてしまいます。

例えば、初対面の男性から「〇〇さんは落ち着いているね!」と褒められた場合でも、マイナス思考の女性は「それって、私が暗い性格ってこと?」と否定的に解釈してしまいます。

相手が褒めているつもりでも、「私は面白くない会話しかできないんだ」と自分を責めて、テンションが下がってしまうため、恋愛にはなかなかつながりません。

マイナス思考は自分自身だけを損なうだけなので、小さなことで落ち込まず、ポジティブな考え方を持つことが大切です。

恋愛に消極的になっている

彼氏がいない30代の女性の特徴として、まずは男性に対してシャイで恋愛に積極的ではないことが挙げられます。

彼女たちは恋愛において奥手で、新しい男性との関係を築くのが難しいです。

実際に、奥手な女性は恥ずかしさを感じ、気になる相手から誘われても素っ気ない態度を取り、自分の気持ちを隠そうとします。

その結果、男性からは興味がないと思われ、良好な関係を築くことはできません。

このように、恋愛のチャンスを逃してしまうことは非常にもったいないので、自分の気持ちに素直になる勇気を持つことも重要です。

20代の恋愛観のままでいる

30代の女性で彼氏がいない場合、その特徴の一つは、恋愛観が過去のまま変わっていないことです。

過去の10代や20代の時の恋愛観を持ち続けることで、彼氏候補の選択肢が極端に限られてしまい、好きな人と出会いづらくなってしまいます。

実際に、過去のような情熱的な恋愛を求めることで、「ドキドキしない相手は物足りない」と感じ、彼氏候補から除外してしまう傾向があります。

しかし、一緒にいるとドキドキするような男性は人気がありますので、それが現実的には結婚相手となることが多いのです。

出会いに対して消極的になっている

30代で彼氏がいない女性の特徴4つ目は、出会いの機会に参加していないことです。

30代になると、周りの友人や知人の多くが既婚者になり、異性との紹介や一緒に飲みに行く機会も減ってしまいます。

さらに、職場でも新たに出会いがなければ、日常生活の中で男性と出会うチャンスはほぼゼロになるでしょう。

もちろん、セッティングされた出会いの場や婚活サービスを利用することに抵抗があるという人もいるかもしれませんが、どんな出会い方よりも、相手との関係性や相性の良さが大切です。

もし、本当に彼氏が欲しいのであれば、自分のプライドや拘りを捨てて、様々な出会いの機会を積極的に受け入れることが必要です。

外見に気をつかわなくなっている

性格が素晴らしくても、外見の要素がある程度整っていないと、男性からの恋愛対象として見られず、すぐに却下される可能性があります。

例えば、「ぽっちゃり体型」や「独自の個性が強すぎるファッション」といった要素は、男性にとって魅力的なポイントではなくなってしまうことがあります。

また、「手入れしていないボサボサの髪」も同様です。

逆に、外見を変えることによって、「選ばれる努力」をすることで、一気にモテ度を上げることができます。

見た目に気を使うことで、彼氏ができる可能性が格段にアップするのです。

例えば、適度な運動や食事管理をすることで「ぽっちゃり体型」を改善し、スリムな体型を作ることができます。

また、自分の個性を大切にしつつも、周囲のファッションに合わせることで、「個性が強すぎるファッション」を避けることができます。

さらに、しっかりと髪を手入れし、「ボサボサの髪」を改善することも大切です。

外見を整えることで、自分自身に自信が持てるだけでなく、他人にも魅力的に映ることができます。

相手に与える第一印象も良くなり、恋愛対象として選ばれる可能性が高まります。

ですから、自分の見た目にも気を使い、魅力を高める努力をすることが大切です。

男性に求める条件が多くなっている

30代で彼氏のいない女性の特徴のひとつは、年齢を重ねるにつれて理想が高くなっていることです。

30代になると、多くの女性は将来の結婚を考えるようになります。

結婚意識が高まると、求める条件も自然と多くなってしまいがちです。

しかし、求める条件が多ければ多いほど、理想の相手との出会いは難しくなりますし、彼氏を作ることも困難になるでしょう。

特に30代の女性は、男性の年収に対する要求が高くなりがちですが、同じ年代で年収600万円以上の男性を求めるのは、少々過度な要求の可能性があります。

実際に令和2年の民間給与実態統計調査によれば、男性の平均給与は30代前半で458万円、30代後半で518万円です。

自分の理想を客観的に見つめ直し、現実的な条件に設定し直すことをおすすめします。

30代で彼氏がいない女性が可哀そうと思われる理由

恋人がいるのが幸せというの価値観のため

恋人がいない30代の女性がかわいそうと思われる理由の一つは、「恋人がいることが幸せ」という価値観が根付いていることにあります。

人によって、幸せの定義は異なりますが、何故か恋人がいる方が幸せだと考える人は少なくありません。

恋人がいてもいなくても幸せと考える人は、30代で彼氏のいない女性を不幸だとは思いません。

一方、恋人の有無が幸せを決めると思っている人は、彼氏のいない30代の女性を哀れに思う傾向が強いです。

誰にも告白されなかったように思われている

独り身の女性は「誰にも選ばれなかった」「告白されたことがない」と思われるケースがあることも、彼氏のいない30代女性がかわいそうだと言われる理由の一つです。

選ばれなかったのではなく、実際に「選ばなかった」という可能性もありますが、なぜか「選ばれなかった」という印象を持つ人が多いのが現実です。

彼氏を作らない意図的な選択をしている人もいれば、そうでない人もいますが、社会的な印象にあまり気にしすぎない方が良いでしょう。

30代で彼氏がいない女性が結婚するための対処法

大人らしい落ち着きを持つ

自分が子供っぽい性格だと感じる人や、年下の男性を狙っている人は、大人らしい落ち着きを持つようにしましょう。

責任感があり、自立していて女性としてふるまうことができるのが、大人の女性の特徴です。

強さと美しさを兼ね備えた女性は、同性からも男性からも憧れの的となるのです。

一人暮らしをする

現在実家暮らしをしている人は、一人での生活に挑戦してみましょう。

どんなに素敵な女性でも、実家暮らしというだけで男性からはNGとされることが多いです。

一人で暮らすための経済的な余裕がない場合は、まずは一人で生活できるだけの貯金をすることが最優先です。

一人で生活する力がない場合は、誰かと一緒に人生を築いていくことはできません。

積極的に人と接する

男性との出会いがない女性は、積極的に人と関わる機会を作りましょう。

例えば、社会人サークルに参加してみると、共通の趣味を持つ人と出会いやすくなります。

気になる人がいたら、自分から声をかけてみてください。

共通の趣味がある人となら、話題を振ることもしやすくなるでしょう。

サークルに参加する時間がない人や、直接話しかけるのが苦手な人には、マッチングアプリがおすすめです。

最初はメッセージのやり取りから始めるので、ゆっくりと関係を築くことができる利点があります。

理想を下げる

結婚相手に対して理想を持っている女性は、その理想が高すぎる可能性があります。

理想のハードルを下げてストライクゾーンを広げてみると、結婚のチャンスが高まるでしょう。

まずは自分がどんな理想を持っているのかリストアップしてみましょう。

その中で、「これはなくても良いかもしれない」「これだけは譲れない」という部分を再確認してください。

30代で彼氏がいない女性が気をつけるべきこと

彼氏がいない30代の女性が気を付けるべきことは、「スピード重視で出会いを探す」ことです。

年齢を重ねるほど、婚活の状況は厳しくなっていくため、結婚を望んでいる方は早めに行動を起こしましょう。

もし子どもを望んでいるのであれば、出産の制限も考慮しなければならないため、急いで結婚する必要があります。

短い期間で出会いを見つけることで、モチベーションを維持しやすく、経済的負担も最小限に抑えることができますので、ムダなストレスなく活動することができます。

30代で彼氏がいない女性がわずか6ヶ月で結婚する方法

結婚相談所スマリッジでは、30代の女性が続々とスピードで成婚されています。

結婚相談所では、「30代女性」はまだまだ若いとされているため、容姿に自信がなくても理想の男性とスムーズに結ばれることができます。

早い方であれば3〜4ヶ月で成婚退会されている方もいれば、ゆっくりめの方でも1年程度で成婚することができています。

マッチングアプリや婚活パーティー、他の結婚相談所など、色々な方法を試してみてもうまくいかなかった女性こそ、スマリッジがピッタリの選択肢です。

スマリッジの評判と口コミ!会えない?デメリット・会員数・料金
スマリッジの口コミや評判を紹介。スマリッジでは会えないのか?スマリッジの会員数は少ないの?料金は本当に安いの?料金体系を知りたい!という方の参考になります。リーズナブルに婚活したいなら「すまりっじ」が最適です。またオンライン形式の結婚相談所なので面談式の相談所が苦手な方にもお薦め。

30代で彼氏がいない女性の割合は、なんと60%!

30代で彼氏がいない女性の割合は、じつに60%もいるそうです。

30代の独身女性のうち、彼氏がいない人は60%であり、彼氏がいる人は40%という結果が出ました。

この結果は少し意外かもしれませんが、仕事が忙しいために出会いがなかったり、他の様々な事情があることが要因として考えられます。

ただし、今回の結果には既婚者のデータは含まれていません。

もし配偶者がいる女性を含めると、彼氏がいない女性の割合はさらに低くなることが予想されます。

つまり、彼氏がいないという状況はあくまで仮定された独身女性に限定されるということです。

他の興味深い傾向としては、年収1000万円以上の女性の中で、彼氏がいると答えた人は100%でした。

また、都市部に比べて地方の30代女性の方が彼氏がいる傾向が高いことも分かりました。

さらに、契約社員やパートの女性よりも正社員や公務員の女性の方が、彼氏がいる傾向がありました。

また、賃貸物件に住んでいる女性の方が持ち家に住んでいる女性よりも彼氏がいる割合が高いことも明らかになりました。

しかし、独身の女性に限定して考えると、彼氏がいない人が過半数を占めていることから、彼氏がいないからといって悲観的になる必要はありません。

参考:30代独身女性について徹底調査!彼氏なしの割合と35歳以上で結婚できる確率は!?

 

30代で彼氏がいない女性の特徴<まとめ>

結婚したいのに彼氏がいない30代女性の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 男性不信になっている
  • マイナス思考になっている
  • 恋愛に消極的になっている
  • 20代の恋愛観のままでいる
  • 出会いに対して消極的になっている
  • 外見に気をつかわなくなっている
  • 男性に求める条件が多くなっている

女性が30代に入ると周囲の友人も結婚し始めるので、出会いも減ってきますよね。

ここで、積極的に行動しないと結婚できないまま独身という可能性も否定できません。

将来40代になった時に「もっと早く行動しておけばよかった」と後悔しないためにも、今すぐ出会いを探す努力を始めることが大切です。

 

マッチングアプリのおすすめ10選!20代・30代・40代・50代別に紹介
20個のマッチングアプリの中から厳選して、おすすめの10個を紹介しています。料金、年齢層、料金の3項目でも比較しているので、自分に適したアプリを見つけやすいです。また!20代・30代・40代・50代別にも解説しています。