遠距離カップルが同棲するタイミングと結婚まで長続きさせる秘訣

恋愛
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)

遠距離のカップルが結婚するまで長続きさせるために必要な遠距離恋愛中のエッチの頻度や会う頻度について解説しています。

遠距離恋愛になると会う頻度が減ることは、仕方のないことです。それにともない、エッチの頻度も減るのは仕方のないことです。

しかし、全くなくなってしまうのは二人にとっても不幸なことです。

男性にすればエッチの頻度が下がると風俗へ行ったり、浮気の心配が増えたりする可能性もあります。女性にしても、会いたい!エッチしたい!とはなかなか言えないものです。

しかし、そのままにしておくと二人の間に距離ができてしまうとも限りません。ここでは、そういうことのないように、遠距離恋愛中における適切な会う頻度とエッチの頻度について解説しています。

スポンサーリンク
  1. 遠距離のカップルが遠距離恋愛を始めるタイミング
    1. 付き合い初めから遠距離恋愛だった
    2. 付き合い出してから遠距離になった
  2. 遠距離のカップルが長く付き合うコツ
    1. 連絡をマメに取るの最も大切!
    2. 相手を信じて不安にならない
    3. 交通費に負担を平等にする
  3. 遠距離のカップルが結婚までのハードルと結婚するベストなタイミング
    1. こまめに連絡を取っていないと自然消滅しやすい
    2. デート代の他に交通費がかかる
    3. 結婚の約束をしていないと将来が見えなくて不安になる
    4. 遠距離恋愛になるタイミング
    5. 目標金額を達成したタイミング
    6. 決めていた年齢になったタイミング
  4. 遠距離のカップルが会う頻度はどのくらいがベスト?
    1. 金銭的負担を感じないペース(交通費)
    2. プライベートに支障がでない頻度(自分の時間は大切)
    3. 時間はあるがお金がない学生カップルの場合
    4. お金はあるが時間が限られている社会人カップルの場合
    5. 平均的な月1ペースを基準に考える(距離や生活習慣に応じて)
  5. 遠距離のカップルが連絡頻度のポイントと最適な頻度
    1. 初めに2人で決めた頻度
    2. お互いに寝たい時間を確認しておく
    3. 途中で見直すことも大事。仕事の状況に応じて柔軟に。
    4. 毎日LINEやメールする(女性は嬉しいが、彼氏には負担)
    5. 週1回のペース(彼氏は楽だが、女性は寂しい)
    6. 週に2~3回がベスト(何事もほどほどに)
  6. 遠距離のカップルが同棲を始めるタイミング
    1. 婚約したとき(婚約しないと女性が不安)
    2. 女性が仕事を辞めたとき(転勤になったとき)
    3. 遠距離の期間が決まっていないなら初めに相談しておく
  7. 遠距離のカップルが同棲を始めるまでの流れ
    1. お互いの両親に挨拶をする
    2. 二人で相談して物件を探す
    3. 会社に退職届をだす
  8. 遠距離のカップルが同棲を始めるメリット
    1. 毎日、顔を見れるので不安がなくなる(主に女性)
    2. 交通費や通信費の負担がなくなる
    3. 食生活が安定する(主に男性)
    4. 実家に帰る頻度が減る
    5. 理想と現実のギャップを知る
  9. 遠距離のカップルが同棲するデメリット
    1. お互いに依存しあって負担に感じる
  10. 【遠距離 カップル】まとめ

遠距離のカップルが遠距離恋愛を始めるタイミング

遠距離 カップル

  • 付き合い初めから遠距離恋愛だった
  • 付き合い出してから遠距離になった

付き合い初めから遠距離恋愛だった

遠距離恋愛になるタイミングには、様々な理由があるものですが、付き合った当初から遠距離恋愛だったという人もいるでしょう。

付き合うことになってすぐ、どちらかが地元を離れることになってしまった場合や、そもそも離れて暮らしている中で、たまたま地元に帰った時に再会した、出張で会社に来た人と付き合うことになったなど、その理由は様々かもしれません。

付き合った当初から遠距離恋愛であれば、二人にとって、いつもそばにいることが当たり前ではない場合が多く、付き合い出してから遠距離恋愛をすることになったカップルとは少し事情が違います。

しかし、遠距離恋愛になったタイミングに関わらず、会いたい時に会えなかったり、物理的距離が心理的距離になりやすい状態は同じです。

付き合い出してから遠距離になった

付き合っている途中で、どちらかが地元を離れることになり、遠距離恋愛に変わったというカップルは、不安に思うことが多いかもしれません。

遠くへ行くことになったほうは、環境やライフスタイルの変化に対応する必要があり、それだけでも大きなストレスであることは言うまでもありません。

それに加えて恋人とも、会いたい時に会える状況ではなくなり、また遠距離になった直後は、様々な変化に対応するため、頻繁に連絡を取り合うこともできないでしょう。

このためそれが二人にとって、最初の試練になることもしばしばあります。遠距離恋愛の経験がなければ、戸惑うことも多いでしょうし、経験があったとしても、遠くへ行く先が違えば何もかもが違うことでしょう。

遠距離のカップルが長く付き合うコツ

遠距離 カップル

  • 連絡をマメに取るの最も大切!
  • 相手を信じて不安にならない
  • 交通費に負担を平等にする

連絡をマメに取るの最も大切!

遠距離恋愛は会いたい時に会えないということがほとんどではないでしょうか。この物理的距離が心理的距離になってしまい、寂しいと感じたり、度々連絡する時間がないことが不安や不満になってしまうこともしばしばあります。

相手の状況が見えないからこそ生まれるケンカや、簡単に会うことができれば抱かない疑いも生まれてしまうかもしれません。このため、こまめな連絡がとても大切になります。近況を相手に伝えることで相手は状況を推測しやすくなるのです。

しかし、連絡の頻度が高すぎるのはよくありません。それぞれが全くと言っていいほど違う環境にいることから、頻繁に連絡をしなければならないという義務感が次第に負担になる場合があります。

相手を信じて不安にならない

遠距離恋愛だけに言えることではありませんが、恋愛の大前提として、相手を信じることが大切です。

特に遠距離恋愛の場合には、すぐに会える距離にお互いがおらず、常にそばに存在を感じることができない状況です。だからこそ、相手は今何をしているのだろうと考えたり、誰といるのだろうと不安になることもあるでしょう。

しかし、不安や心配のあまり、相手に頻繁な連絡を求めたり、行動を干渉するのはよくありません。

相手はそれを次第に苦痛に感じ、自分は疑われていて、信じてもらえていないと感じ始めます。

そのことでしなくていいケンカをすることにもなりかねません。不安な気持ちは当たり前の感情ですが、不安だからこそ相手を信じることが大切です。

交通費に負担を平等にする

どちらかがまだ学生という場合には、交通費の負担を平等にすることは難しいかもしれません。

しかし、どちらもが社会人の場合には、どちらかばかりが交通費を負担して会いに来るということになると、それを負担に感じ始めて、会う機会が減ることに繋がります。

また、連絡すれば会いたくなり、さらに会わなければならなくなることから連絡の機会さえ減ってしまうかもしれません。

このため、お互いの中間地点で会ったり、会いに来るのは交互にするなど、交通費の負担が平等になるよう心掛けて会う約束をすると、片方だけの負担となることがありません。

遠距離恋愛を長続きさせるためには、物理的距離を負担に感じるようなことはお互いに避ける努力をしましょう。

遠距離のカップルが結婚までのハードルと結婚するベストなタイミング

遠距離 カップル

  • こまめに連絡を取っていないと自然消滅しやすい
  • デート代の他に交通費がかかる
  • 結婚の約束をしていないと将来が見えなくて不安になる
  • 遠距離恋愛になるタイミング
  • 目標金額を達成したタイミング
  • 決めていた年齢になったタイミング

こまめに連絡を取っていないと自然消滅しやすい

遠距離恋愛中に物理的な距離があると、大事な話をする機会が少なくなってしまったり、つい目の前の話ばかりに気を取られてしまって、将来の話やお互いの考え方についての話などが後回しになりがちです。

折角会えたのだから、この時間をもっと楽しみたいと考えるのは当然の心理かもしれません。ただ、このことがお互いの将来の考え方や結婚観がわからないという事態を招き、不安や不満になってしまうこともあります。

このため、負担にならないほどの連絡を取る必要があります。

また連絡をする機会が少なかったとしても、連絡をする内容を他愛もない会話で終わらせてしまうのではなく、時にはお互いの結婚観や将来の考え方などを話し合うと不安を抱くことは少ないでしょう。

デート代の他に交通費がかかる

経済的な負担というのは、往々にして心理的な不安となりがちです。遠距離恋愛の場合には、既に物理的な距離がありますから、心理的な不安は生まれやすく、またそれは解消しにくいと言えるでしょう。

定期的に会いたいと思っても、新幹線や飛行機を必要とするほどの距離ならば、現地で使うデート代以上の交通費がかかってしまいます。

そして、毎回交通費がかかれば、その分結婚資金や将来のためのお金は貯まりにくくなることは言うまでもありません。

また、これはどちらかだけが負担をすれば良いという話ではありませんから、二人にとってまとまったお金を必要とする時には、将来のために今は会う回数を減らすなどの対策が必要になることもあるでしょう。

結婚の約束をしていないと将来が見えなくて不安になる

遠距離恋愛の期間が長い場合には、結婚や将来の約束がないとこれから先はどうなるのだろうと不安になるものです。特に女性の場合は、結婚して子育てすることを考えると、年齢的な焦りが出てくる場合もあります。

また、周りが結婚し始める年齢にありながら、遠距離恋愛を続けているという場合には、このまま続けていていいのだろうかという不安も生まれてくるでしょう。

だからと言って、安易に結婚の約束をしたり、あまり実行する気がないけれど今の恋愛を続けたいからという理由で結婚の約束をすることは良くありませんが、お互いに将来のことを考え合う存在であるならば、具体的な目標を決めた上で、結婚の約束をしておくと将来や二人の関係に不安を抱くことは少ないでしょう。

【イククルの評判】マッチングアプリとweb版の口コミと評価

遠距離恋愛になるタイミング

遠距離恋愛からを続けていたカップルが結婚するタイミングは、転勤や転職など、お互いの環境が変わる時がしばしばあります。

これまでの環境を変えて相手が住んでいる場所に引っ越す時には、例え恋人がいて、その人と結婚することが決まっていたとしても、知り合いがいなかったり、これまでの生活とは色々な面において違いが出てくることから、様々なことに不安を抱くことでしょう。

また環境が変わることが不安で結婚に踏み切れないという人も多いのではないでしょか。

その場合には、転勤や転職など環境の変化を余儀なくされる状況が起きたタイミングで結婚を考えると良いかもしれません。

どちらにしても環境の変化が起きるならば、自分がより幸せになれる道を選ぶと良いでしょう。

【ワクワクメールの口コミ】マッチングアプリは出会い系と出会いサイトはワクメ

目標金額を達成したタイミング

将来のことを考える時に、目に見える形でお互いに目標があるというのは、計画を立てやすく、また今何をするべきかを考えやすいため、それが原因でケンカになったり、不安や不満を抱くことが少なくて済みます。

結婚するために、二人で具体的な金額を決めて、この額が満たされたら、一緒に住むことや結婚することにすると決めてしまうとタイミングを逸することがありません。

また、目標金額を設定する時には、お互いに結婚に対する想いや価値観を話し合う必要がありますから、お互いの考え方の違いを知ることもできます。

恋愛関係から結婚に至りたいと思う場合、どのカップルでも多少の障壁は生じるものですが、遠距離恋愛の場合には物理的な距離があることから、目標をより明確にしておくと達成しやすいでしょう。

決めていた年齢になったタイミング

結婚するための具体的な金額目標ではなく、結婚する条件が揃ったら結婚するという方法もあります。

30歳になったら結婚すると決めたり、3年後まで今の関係を続けることができたら結婚すると決めることで、お互いに人生の目標ができます。

そして、結婚のために努力することができます。しかも、片方だけが一方的に負う努力や負担ではなく、結婚という目標に向かって二人で努力していることから、離れていても絆が生まれますし、それはより深まることでしょう。

また30歳までに昇進したらという目標を立てたり、配置転換が叶ったらという目標を盛り込めば、仕事に打ち込む目標にもなり、相手が自分を応援してくれる環境が整うことにも繋がるでしょう。

遠距離のカップルが会う頻度はどのくらいがベスト?

遠距離 カップル

  • 金銭的負担を感じないペース(交通費)
  • プライベートに支障がでない頻度(自分の時間は大切)
  • 時間はあるがお金がない学生カップルの場合
  • お金はあるが時間が限られている社会人カップルの場合
  • 平均的な月1ペースを基準に考える(距離や生活習慣に応じて)

金銭的負担を感じないペース(交通費)

どの恋愛でも同じことですが、どちらかだけが何らかの負担を負うことは良くありません。最初は相手を想う気持ちから何とか埋め合わせができるかもしれませんが、それは次第に負担となり、不満にも繋がります。また負担を負わせている相手にとっては、後ろめたさになるかもしれません。

特に金銭的な負担というのは、心の余裕を失わせる原因の一つにもなり、もっと相手がこうしてくれたらいいのにという不満にも繋がりやすいものです。

このため遠距離恋愛で会う頻度を決める時には、どちらかだけが負担を負うものではないペースや場所にすると良いでしょう。

また二人ともが負担を負う場合には、二人ともが負担を負わない程度のペースに設定する必要があります。

プライベートに支障がでない頻度(自分の時間は大切)

遠距離恋愛だけに限った話ではありませんが、親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、いくらお互いを想う気持ちがあっても、お互いのプライベートに踏み込んで良いというわけではありません。

遠距離恋愛の場合は特に、日常的に普段の生活を垣間見ることができないため、相手がどのような生活をしているのかがわかりません。

このことが不安の原因となり、ついプライベートまで踏み込んでしまいがちですが、相手のプライベートな時間を崩してまで、会う時間を作ってしまうとそれは長続きしないでしょう。

自分がプライベートを潰している場合も同じで、自分の時間を潰して相手と会う時間を作っている場合には長続きしません。

このため、お互いに自分の時間を大切にできるペースで会う頻度を決めましょう。

時間はあるがお金がない学生カップルの場合

テスト期間や論文提出を控えていたり、就職活動中という場合を除いて、学生のカップルが遠距離恋愛をしている場合は、比較的自由な時間が多かったり、柔軟に対応できるスケジュールである場合が多いのではないでしょうか。

バイトもシフトがあったとしても、数ヶ月先まで決まっているということは少ないでしょう。

しかし、学生のカップルの場合は、金銭的な余裕がないことが多いと言えます。このため、夜行バスなど安い移動手段を選ぶことになるでしょう。

ただ、お互いに会うことをモチベーションにすれば、1ヶ月に一度、夜行バスで会いに行くためにバイトを頑張るという考え方をすることもできます。

時間があることから、相手を求めがちになってしまいますが、お互いを信じることを大切にしましょう。

お金はあるが時間が限られている社会人カップルの場合

遠距離恋愛をしている二人が互いに社会である場合には、平日には休みが取れないという場合がほとんどではないでしょうか。

どちらかが平日に休みを取れる職種であったとしても、二人ともが平日に休みを取れ、それを合わせられるというのはなかなか難しいものです。

社会人の場合には、学生とは違って金銭的な余裕がある場合は多くあるものの、時間に限りがあるという人が多いのではないでしょうか。

その場合には、休日に会う予定を組んだり、連休がある月に会うように予定するという方法があります。

なかなか決まった日を休みにするということは、社会人になると難しいものですが、会う日をカレンダーの休みに合わせてしまうと比較的予定を組みやすいという人は少なくないでしょう。

平均的な月1ペースを基準に考える(距離や生活習慣に応じて)

遠距離恋愛をしている多くのカップルは、距離やライフスタイルにもよりますが、1ヶ月に一度を目安に会うと言われています。これを基準に自分たちのライフスタイルを考慮して、会うペースを考えると良いでしょう。

毎月、最終週にはどちらかが交互に相手に会いに行くと決めてしまうと、今度いつ会えるのかというやり取りからケンカになることが少なくて済みそうです。

また、毎月会うことが難しい距離にいるカップルは3ヶ月に一度や半年に一度、どちらかが会いに来るのではなく、二人で旅行に行くということをルーティンにしてしまうと、今月も会えないままだったという不満をお互いに持たずに済みます。

また会えるのが旅行であれば、非日常から喜びも増すことでしょう。

遠距離恋愛で会う頻度はどのくらい?カップルを長続きさせるコツ

遠距離のカップルが連絡頻度のポイントと最適な頻度

遠距離 カップル

  • 初めに2人で決めた頻度
  • お互いに寝たい時間を確認しておく
  • 途中で見直すことも大事。仕事の状況に応じて柔軟に。
  • 毎日LINEやメールする(女性は嬉しいが、彼氏には負担)
  • 週1回のペース(彼氏は楽だが、女性は寂しい)
  • 週に2~3回がベスト(何事もほどほどに)

初めに2人で決めた頻度

それぞれの暮らしの状況や環境が変われば、決めたことをずっと続けることは難しいかもしれません。またあらかじめ決められることは限られているかもしれません。

しかし、大きな環境の変化がない場合などには、遠距離恋愛の連絡頻度は最初に決めたペースを保ち続けていることが良いと言われています。

もちろん、決めたこと以外を許さないというわけではなく、柔軟に対応していくことも時には必要になりますが、それが日ごとや週ごとでコロコロと変わってしまうようでは、決めた意味がなくなってしまいます。

このため、遠距離恋愛を始める時には、最初に連絡頻度やルールをある程度決めてしまって、それに応じていくのがトラブルの原因になりにくいと考えられています。

お互いに寝たい時間を確認しておく

遠距離恋愛では、物理的に離れていることで、相手が見えないことから心理的にも距離を感じてしまうことがあるかもしれません。寂しいと感じた時に会える状況ではないからこそ、LINEなどでずっと繋がっていたいと考えるのはごく自然なことでしょう。

しかし、そのことでお互いの生活リズムが崩れてしまうようでは意味がありません。このため、お互いに次の日に起きる時間や、その日寝たい時間を確認しておくと良いでしょう。

それを知ることで相手を気遣うこともできますし、途中でLINEが途切れてしまったとしても、必要以上に不安になることも少なくて済みます。

また状況によってはLINEではなく、手っ取り早く電話にするという方法もあるでしょう。

途中で見直すことも大事。仕事の状況に応じて柔軟に。

相手はあなたのことが大切であるように、仕事など他の用事も大切であるはずです。LINEは確かに便利なツールではありますが、忙しくてゆっくり返す暇がなかったり、既読は付けたもののゆっくり返そうと思っている間に疲れて寝てしまったということもあるかもしれません。

また時には体調が悪いということもあるでしょう。しかし、そんな時でも、返事をくれなかった相手を責めるのではなく、相手の生活や仕事の状況を考えましょう。時には、それらに合わせて連絡の頻度や方法を見直すことも必要かもしれません。

そばにいなくて、状況がわからないからこそ、不安になるものです。しかし、だからこそ相手を気遣い、思いやることが最も必要になるのです。

毎日LINEやメールする(女性は嬉しいが、彼氏には負担)

いつもずっと好きな人のそばにいたい、相手のことを近くに感じていたいというのは女性の当然の心理かもしれません。このため、毎日LINEやメールを絶やしたくないと思うものです。

それに応じてくれる男性は女性にとっては嬉しいものですが、男性のほうは負担になることも少なくありません。

相手のことを想っていないわけでもないし、他に好きな人がいたり、浮気をしているというわけではないけれど、信じてもらえていないのではないかと思ったり、そのことが原因となって、ケンカに発展してしまうのではないかと考えることに疲れてしまうのです。

この状態が続けば、毎日の連絡だけでなく、それを要求してくる存在自体に疲れてしまう結果にもなりかねません。

週1回のペース(彼氏は楽だが、女性は寂しい)

毎日来ていた連絡が途切れてしまったり、自分のLINEに既読が付いたまま返事がないという場合には、不安になって当然でしょう。

それが週1回のLINEしかないとなれば、もう関係は終わりに近付いているのではないかと考えてしまうかもしれません。

また、相手に好きな人ができたのではないかと思ったり、既に浮気をしているのではないかと考える人もいるでしょう。

このため、週1回のLINEだったとしても、相手に疑われるような連絡は辞めましょう。疑われなくて良いことまで疑われてしまったり、お互いに不要な詮索をしなければならなくなってしまいます。

男性は女性の寂しい気持ちを汲み、女性は男性の素っ気ない態度を許してお互いを察する気持ちが大切です。

週に2~3回がベスト(何事もほどほどに)

遠距離恋愛も含めた恋愛が長続きするためには、何事もほどほどである必要があります。

干渉しすぎても束縛しすぎても相手の負担になりますし、かと言ってお互いに距離がありすぎても、もう自分には興味がないのではないかと不安になるものです。

これは連絡の頻度においても同じで、毎日密接に連絡を取り合ったり、1週間に数回という、あまりにも連絡がないという状態は不安定になる要素の一つでもあります。

このため、2?3日に一度、あるいは週に2?3回程度という程度の、お互いの心理的距離が密接でもなければ、疎遠でもないという距離が必要になってくるでしょう。

あまりにも親密な距離はすぐ冷めてしまうことがしばしばありますから、お互いを見つめられるほどほどの距離を保ことが大切です。

遠距離のカップルが同棲を始めるタイミング

遠距離 カップル

  • 婚約したとき(婚約しないと女性が不安)
  • 女性が仕事を辞めたとき(転勤になったとき)
  • 遠距離の期間が決まっていないなら初めに相談しておく

婚約したとき(婚約しないと女性が不安)

遠距離恋愛のカップルが同棲を始める多くは、結婚が視野に入り、それを具体的に考え始めた時ではないでしょうか。女性が退職を考え始めたタイミングというのも多いかもしれません。

また、女性が遠距離恋愛を続けることに不安を持ち始め、将来についての話を持ち出したタイミングで、結婚を考えているならば、婚約をして、同棲生活を始めるという人も少なくないでしょう。

女性の場合は、出産や子育てを考えた時に、年齢的な不安を抱える時期が訪れます。また周囲が結婚し、子育てし始めると焦るということも当然の心理でしょう。

このため、女性の不安を解消するために、結婚を考え始めたタイミングで、同棲を始めるという遠距離恋愛のカップルは多いのではないでしょうか。

女性が仕事を辞めたとき(転勤になったとき)

遠距離恋愛を続けていると、なかなか何かを新しくしたり、生活を変えるタイミングというのは掴みにくく、生まれにくいものです。また同棲をしたいと考えていても、どちらかの場所までの引っ越しを考えると、簡単に取り組める話ではない場合が多くあります。

しかしこの時、女性が仕事を辞めたり、職を変えようと決意すると、遠距離恋愛中であっても、同棲するタイミングが生まれます。男性が転勤や異動を命じられたタイミングにも同じことが言えるかもしれません。

ただ女性は仕事を辞めることで、結婚して家庭に入るという選択肢が生まれます。どちらにしても仕事を辞めて環境が変わるならば、同棲を始めて、結婚を視野に入れたいと考えるものでしょう。

遠距離の期間が決まっていないなら初めに相談しておく

転勤の期間が決まっていないなど、いつ地元に戻れるのかわからないという場合には、遠距離恋愛の期間も決まっていないということにもなります。

いつまで続くのかわからないというのは、二人にとって大きな不安となり、それが不満にも繋がることでしょう。

こういった場合には、3年経ってもまだ勤務が続いていたら、3年以上今の関係が続いていたらなど、あらかじめ期間を決めておくと良いかもしれません。

そして、その期間を過ぎた場合には、同棲に向けて動き始めると、二人の目標が一致している時間が続いていたことから、より強くお互いを想いながら過ごすことができるようになるでしょう。

また決めた期間まではお互いに耐えられるという動機にも繋がります。

遠距離のカップルが同棲を始めるまでの流れ

遠距離 カップル

  • お互いの両親に挨拶をする
  • 二人で相談して物件を探す
  • 会社に退職届をだす

お互いの両親に挨拶をする

結婚を前提として同棲を始める時には、お互いの両親に挨拶に行く必要があるでしょう。

特に実家で暮らしていた女性が、遠距離恋愛をしていた相手と遠い土地で同棲を始めるという場合には、女性の両親は、交際や同棲に不安を抱くことが多いと考えられます。

またすぐに結婚するわけではなく、同棲という過程を経ることにも、本当に大丈夫なのかと心配する両親は少なくありません。

男性の両親であっても、遠い土地で女性と暮らすことに責任を持てるのかと不安や心配を抱く場合は多くあるでしょう。

この時は、結婚を前提としていることをきちんと伝え、必要があれば両親の助けを借りたいことを隠すことなく伝えておくと、本当に困った時は助けてくれることが多いです。

二人で相談して物件を探す

遠距離恋愛だけに起こることではありませんが、同棲を始めるためには、二人が住むための部屋を探す必要があります。どちらかが部屋数や広さに余裕がある部屋に住んでいる場合を除いて、これは避けられる道ではありません。

遠距離恋愛の場合には、部屋を探しに行くにもどちらかが交通費をかけて相手の場所まで行く必要がありますから、より効率的に部屋探しをしなければなりません。また相手の場所に土地勘がなければ、何を基準に選んで良いのかわからないということも、しばしば起きるでしょう。

このため、内覧に行く前にお互いに物件に求めることに関しての確認を行い、最低限欲しい設備や、家賃や間取りなど譲れない条件をお互いに把握しておく必要があります。

会社に退職届をだす

働き方の多様化が叫ばれて久しいものの、未だ「寿退社」という言葉は根強く残っており、結婚を理由に退職する人も多いのが現状です。

また結婚を理由に退職する場合には、周囲から「おめでとう」と言って送り出してもらえることも多く、職場から引き止めに遭うことも少ないと言われています。

しかし、同棲を理由に会社を辞めようとすると、職場から続けられない理由を聞かれたり、同僚から他に理由があるのではないからと詮索をされたりすることが多いようです。

このため、年末や年度末など、会社の区切りが良い時期に退職の意向を伝えると良いでしょう。職場への配慮を最大限示すことで引き止めに遭うことや、同僚からの詮索を受けずに済む可能性があります。

遠距離のカップルが同棲を始めるメリット

遠距離 カップル

  • 毎日、顔を見れるので不安がなくなる(主に女性)
  • 交通費や通信費の負担がなくなる
  • 食生活が安定する(主に男性)
  • 実家に帰る頻度が減る
  • 理想と現実のギャップを知る

毎日、顔を見れるので不安がなくなる(主に女性)

遠距離恋愛の物理的距離が、心理的な距離となり、相手が何をしているのだろうと不安になったり、休みの日であるにも関わらず会えない時にそれを不満に思っていたという人もいるでしょう。

同棲すると嫌でも毎日、顔を見ることになります。遠距離恋愛で感じていた物理的な距離がなくなることで、不安がなくなることも多いようです。

同棲するまでは、あれこれと考えて連絡を取り、その内容も相手のことを想像しながらだったかもしれませんが、同棲すれば、相手がどのような表情をしているかを目の前でリアルタイムで知ることができます。

顔を見ればわかるということもあるのではないでしょうか。

特に女性は好きな人とそばにいたいと考える人が多いため、不安が解消される場合が多いようです。

交通費や通信費の負担がなくなる

同棲をするということは、当たり前ですが同じ部屋に住むということです。すなわち交通費をかけることなく、相手に会うことができるようになります。

遠距離恋愛では、交通費や相手に会いに行く時間を確保することに苦労したという人が少なくないでしょうから、これは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

また、相手が目の前にいますから、わざわざLINEをしたり、電話をかける必要がなくなります。このため、相手と連絡を取るために通信費も掛からなくなるのです。

もちろん、そのことで良いことばかりが起きないということもあるかもしれませんが、これまでの物理的な距離がなくなることは、お互いにとって同棲をすることの大きなメリットではないでしょうか。

食生活が安定する(主に男性)

一人暮らしをしている場合には、会社の帰りに食事を済ませてしまったり、帰り道にあるコンビニで適当に夕食と明日の朝食を買って済ませてしまうという人も多いのではないでしょうか。朝食は食べないという人もいるかもしれません。

特に男性は、料理が得意でなければ、なかなか自分一人のために料理をするという人は少ないでしょう。また一人分の食材をスーパーで出に入れるというのはなかなか難しいものでもあります。

このため、同棲をして、女性が料理を担当してくれると男性は食生活が安定することから、体調が良くなるという人も多いようです。

また一人で食べる食事ではなくなり、誰かと食べるということが精神的な安定にも繋がる場合が多いと言われています。

実家に帰る頻度が減る

これまで実家を出て一人暮らしをしていたという人は、そうでもないのかもしれませんが、同棲をきっかけに実家を出たという人は特に、実家に帰る頻度が減ったり、実家で過ごす時間が減ります。

このことをデメリットに思う人もいるかもしれません。

これまで実家に頼っていたことや、家族に任せきりにしていたことを同棲することで自分がやらなければならなくなることで、時間的にも精神的にも余裕がなくなるということも起きるでしょう。

しかし、これをデメリットに想うということは、どれほど実家を大切にして頼っていたかということを知ることでもあります。

実家に帰る頻度は減るかもしれませんが、帰る時間を作れた時には実家で過ごす時間をこれまでよりも大切にしてみてはどうでしょうか。

理想と現実のギャップを知る

同棲を始めて、同じ空間で生活するというのは、これまで見ていた相手と違う一面を見ることになったり、自分の見ていない時に想像していた相手の姿と違う行動を見ることになることも多いでしょう。

生活を共にし始めるということは、これまでの恋人関係からより近い距離で過ごすことになります。

恋人には見せていなかった部分を、家族には見せているという人も多いように、恋人が家族の存在に近付く時でもあるのです。

この時、理想と現実のギャップを知ることになる人は多くいるでしょう。

それは相手の姿だけでなく、日常生活における雑多な用事などを済ませながら、しばしば感じるものです。これを見たくなかったと思う人には、同棲がデメリットとなることもあるようです。

遠距離のカップルが同棲するデメリット

遠距離 カップル

  • お互いに依存しあって負担に感じる

お互いに依存しあって負担に感じる

遠距離恋愛だったカップルが同棲を始めた時には、これまで離れ離れだった分、同棲を始めて相手が目の前にいることに安心するという人は多いのではないでしょうか。

この時、注意しなければならないのは、これまで相手に求めることができなかった部分を求めすぎてしまって、お互いに依存してしまうことです。

もう離れたくないと思ったり、どこに行くにも何をするにも相手の様子が気になってしまうという場合には、依存が始まっているかもしれません。

時折見せるこういった態度は相手への甘えの一つであり、相手も嬉しいかもしれませんが、これが続けば相手の負担となることは間違いありません。

例え一緒に住んでいたとしてもお互いの距離を保ち、尊重することを忘れずにいましょう。

【遠距離 カップル】まとめ

遠距離のカップルにとって一番大事なのは、会う頻度を決めることです。どのくらいのペースでデートをするのか、遠距離が始めることが決まったらスグに話し合うことが大切なのです。

会う頻度を決めておかないと、自然消滅なんてことにならないとも限りません。

どのくらいのペースで会うのがいいのかは、すでに説明しましたよね。今一度読み返して、結婚するまで長続きする遠距離恋愛をしてください。

【遠距離 カップル】会う頻度はどのくらいがベスト?

ここでは、時間はあるけどお金(交通費)がない学生カップルの遠距離の場合と、お金(交通費)はあるけど、仕事が忙しく時間がない社会人カップルの場合について解説しました。月に何回会うのがベストな頻度だったか再確認してください。

【遠距離 カップル】連絡頻度を決めるポイントとベストな連絡頻度

会う頻度を決める前に「連絡を取り合う頻度」も決めておくと遠距離が長続きしやすいです。女性は毎日連絡したい、欲しいものですが、男性の中には負担を感じる人もいます。どのくらいの頻度で連絡を取り合うかも決めておきましょう。