復縁の前兆なの?それとも勘違い?復縁できる可能性がある状況やサイン

復縁
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)

「復縁が近づいているのかな?」と思う状況や、「上手くいっている気がするけど、勘違いかもしれないな」と感じる状況があります。
また、「復縁できる前兆とはどんなものがあるのか?」という質問もよく寄せられます。
ここでは、いくつかの状況別に、それが本当に復縁の前兆なのかについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

【復縁の前兆?勘違い?】復縁の前兆と言える状況

以下のような状況では、復縁の前兆を感じる人が多いです。

  • 連絡が取れるようになった – 相手から連絡が来るようになった
  •  別れた後でも頻繁に会っている – 時間が経って普通に会えるようになった
  • 相手から「会いたい」と誘われることが増えた
  • 好意的な言葉を言われた
  • 自分の恋愛状況を聞かれた

しかし、これらの状況の中には、復縁の前兆と言えるものとそうではないものがあります。
以下に詳しく説明します。

再び連絡を取り合うようになった

まず、連絡が取れるようになったという状況です。

連絡が途絶えていた状況から再び連絡が取れるようになったり、以前のようにやり取りができるようになった場合、それは大きな前進と言えます。

しかし、連絡が取れるようになっただけで、それが復縁の前兆だとは言えません。

この段階では、相手がやっと自分を友達として見てくれるようになっただけかもしれません。

別れの際には感情的になり、冷静さを失うことがあります。

そのため、別れを受け入れてもらうために、一度距離を置こうとすることもあるのです。

しかし、しばらく時間が経つと、気持ちも落ち着いてくることが多いです。

上記のように、連絡が取れるようになっただけでは、復縁の前兆とは言えないことが多いです。

より具体的な行動や言動が重要ですので、相手との関係をじっくり見極めることが大切です。

ただの友達の関係かも

長く付き合った彼氏や彼女と別れると、多くの人は「友達に戻りたい」という思いがある場合、連絡を取ろうと考えます。

つまり、連絡を取っただけで深い意味はありませんが、やり直すつもりはないが友達としての関係を続けたいと思っている可能性は否定できません。

別れた後もずっと連絡が取れている場合も同様です。

この場合、警戒されている可能性は低いですが、もう友達としか見ていないから連絡を取っているということも考えられます。

もちろん、相手にも未練があるから連絡を取り続けていたり、復縁を考えるようになったから連絡を取ろうと考えた可能性もあります。

こちらから一切連絡をせずに距離を置いていたら、相手から連絡が来て復縁を申し込まれる場合も実際にあるのです。

ただし、相手に復縁の意思がある場合は、連絡が来たらすぐに復縁を申し込まれることがほとんどです。

ただ連絡を取り合う状況が続いている場合は、友達に戻れたと捉えた方がいいでしょう。

復縁の意思はない・・・

しばらくして会えるようになった場合や、別れた後も会えている場合は、相手に未練が残っている可能性があります。

これは復縁の前兆とも考えられます。

ただし、この場合でも、相手に復縁の意思があれば、すぐにその話になるはずです。

たまに会っても、相手から復縁の話が出てこないような場合は、それは友達と見られているだけの可能性が高いと考えるべきです。

なぜなら、気を使わずに過ごせるから、一緒にいるだけで楽だから、気軽に誘いやすいから、といった理由で、別れた相手と会おうとする人は意外と多いからです。

特に、交友関係が広くない人や、親しい友達がいない人の場合は、別れた相手を元恋人であり、親友でもあると認識している可能性があります。

復縁の可能性があるかも①:あなたのことを気にしている

「好きな人できた?」 「恋人できた?」と聞かれることは、相手があなたのことを気にかけている証拠です。

ただし、元恋人が気になるのは自然なことであり、未練があるとは必ずしも言えません。

復縁を考えていないけれども、あなたが好きな人や恋人ができたのか気になるというのはよくあることです。

まだ自分の一部として残っている感覚があるからでしょう。

また、自分よりも相手が先に新しい恋人を作るのは嫌だと思う人もいるかもしれません。

自分が負けたような気分になるのかもしれませんね。

相手の心理を考えると、好きな人や恋人ができたのか聞かれるのは、あなたのことが気にかかっているだけであり、そこに未練があるかどうかや復縁の可能性は分かりません。

復縁の可能性があるかも②:変化に気づいてもらえる

復縁の前兆とまでは言えないものの、確実に復縁に一歩近づけたと言えるのは、相手から自分の変化を指摘された場合です。

どんなに些細な変化であっても、相手に気づいてもらえると興味を持ってもらえるようになります。

「別れてから何があったのかな?」と相手が思ってくれることでしょう。

復縁の可能性があるかも③:好意的な言葉が出た

もしも、あなたが変化を遂げたことが別れの原因と関連しているのであれば、相手の印象は確実に変わるでしょう。

そして、その変化をきっかけに相手が復縁を考える可能性も非常に高いです。

もちろん、これは最初の一歩であり、ただちに相手が復縁を決意することはないかもしれません。

相手は本当に変わったのかどうか疑ってくるでしょう。

確信が持てるまで、相手があなたに対して注意深く態度をとることもあるかもしれません。

しかし、これまでの経験から言えることは、変化が指摘されたときには、かなりの確率で復縁が実現できるということです。

他にも、相手から

  • 「可愛くなった」
  • 「綺麗になった」

といった言葉が出た場合や、

  • 「かっこよくなった」
  • 「一緒にいると楽しい」
  • 「一緒にいると落ち着く、安心できる」

と感じてもらえた場合など、相手から好意的な言葉が出たときには、すでに相手の意識の中で特別な存在になっているか、もしくはそれをきっかけにして相手の意識に登場している可能性があります。

もし相手があなたの魅力的さや安心感、心地よさを感じているのであれば、相手の感情は大きく揺れるはずです。

もちろん、相手がただ単に思ったことを口にしただけかもしれませんが、少なくとも相手はあなたのことを悪く思っていないということです。

好意的な言葉が出たら、復縁が近づいていると考えてもよいでしょう。

復縁の可能性があるかも④:思い出話をするようになった

残念ながら、これが復縁の前兆だと断言することはできません。

復縁に関連する行動や言動は、人によって異なるためです。

また、それをどのように受け取るかによっても解釈が異なるでしょう。

実際、最後まで復縁についての気配を見せない人もいます。

しかし、私の経験から言えることは、思い出話をするようになった場合には復縁が近い可能性があるということです。

付き合っていた時の楽しい思い出を相手が話すようになった後には、復縁が実現している人が多いのです。

復縁の可能性があるかも⑤:楽しかった頃の思い出がよみがえる

復縁を考える気持ちは、過去に楽しかった経験を思い出すことで強くなる傾向があります。

一度そんな気持ちになると、一人でいるときにも様々な出来事を思い出してしまうものです。

“あの当時は楽しかったな”、”こんなことがあったな”、”またあの場所に一緒に行きたいな”といった感じで思い巡らせることがあります。

すると、自然と復縁を考えるようになるのです。

私のノウハウでは、復縁が実現しそうなタイミングで、楽しかった過去の思い出を思い出させるアプローチを取るようにしています。

私がサポートしている人々にもそれを実践してもらっていますが、その結果、ほぼ必ず相手から復縁の申し込みがあります。

私自身が復縁した経験に基づき、”7step復縁方法”という手法が教えてくれたことです。
その当時のことについては、以下の記事を参考にしてください。

【復縁の前兆?勘違い?】まとめ

関係が進展し、相手の反応が変わった場合、それらは復縁の前兆である可能性がありますが、必ずしもそうとは限りません。

実際に復縁が実現するまでは、一喜一憂せずに冷静に進めることが重要です。
ただし、以下の場合はほぼ確実に復縁に近づいていると言えます。

  • 相手から変化を指摘された場合
  • 相手から好意的な言葉が出た場合
  • 相手が思い出話をするようになった場合

これらの兆候が現れた場合、復縁に向かっている可能性が高いです。

ただし、焦りは禁物です。

ただ勢いで復縁を申し込むのではなく、以下の記事も参考にしていただき、慎重に進めてください。