復縁の前兆は勘違いだった?元カレとの復縁前の予兆に要注意!

お互い 好き なんとなくわかる 復縁
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)
スポンサーリンク

復縁の前兆は勘違い|復縁できるスピリチュアル的なサイン

復縁に関するスピリチュアル的なサインとしてよく知られているものに、エンジェルナンバーという数字があります。

エンジェルナンバーは特定の数字のパターンを指し、それが運勢やメッセージを伝えてくれるとされています。

たとえば、時計を見るとちょうどゾロ目の数字になっていたり、街中で222や333といったゾロ目の数字を見かけたりする場合、それは復縁の前兆として解釈されることがあります。

また、買い物のレシートやネット通販の納品書の番号など、いつも気にしないような小さな数字の中にも、エンジェルナンバーが現れることがあります。

ただし、エンジェルナンバーを意図的に探したり計算したりすることは、復縁の前兆とは言えませんので、ご注意ください。

占い的な意味では、エンジェルナンバーやマスターナンバーという11・22・33のゾロ目の数字が重要視されます。

カバラ数術秘においては、ライフパスナンバーや誕生数、運命数などが意味を持ち、特にエンジェルナンバーのゾロ目は高次元とのつながりを表すとされています。

体調不良は、復縁の前兆の勘違い?

マッサージや健康食品を試した際に、体調が悪くなることがあります。

これは体の中にたまった毒素を排出して、体調を改善する前兆の一つです。

このような変化を好転反応といいます。

占いやスピリチュアルにおいても、復縁の前兆として、体調不良がサインとされることがあります。

具体的には、下痢や腹痛、頭痛、眠気などの症状が挙げられます。

霊感の強い人は、精神的なエネルギーを使い果たして疲労してしまうことがあり、その影響で体調が悪くなることもあります。

しかし、体調不良は復縁の前兆と勘違いする可能性が高いです。

実際には、ただ体調が崩れているだけなので、病院に行くことをおすすめします。

体調不良よりも、体調が良くなったり、やる気が高まっているときには、復縁の前兆と考えることもできます。

自分自身が前向きな変化を感じたり、考え方が変わったりすることを大切にして、復縁の成功につなげるのが良いでしょう。

元カレ・元カノがよく夢に出る

元恋人の存在が頻繁に夢に出てくるという経験をされる方は、その夢に特別な意味があるのではないかと考えられます。

心理学的には、夢は潜在意識が表れる場所であり、元恋人が夢に出てくることは、あなたの心にまだ彼や彼女に対しての思いが残っていることを示唆しているかもしれません。

そのため、元恋人の存在が頻繁に夢に出てくるのは、まだ彼や彼女に未練がある証拠かもしれません。

ただし、夢と現実は別のものであるため、夢で元恋人が現れても、それが復縁に直結するわけではありません。

元カレや元カノに関連する数字を目にするようになる

日常生活の中で、偶然にも元恋人と関連する数字を目にすることがあるかもしれません。

これは一種のシンクロニシティ(偶然の一致)ととらえられることがあります。

占いやスピリチュアルの視点では、このような数字の重なりが、元恋人との復縁の前兆であると解釈されることがあります。

例えば、元恋人との思い出の場所の住所が、偶然にも同じ数字が続くものだったり、元恋人との関係に特別な意味を持つ数字が現れることがあるかもしれません。

ただし、これらの数字が現れたからといって、必ずしも復縁が訪れるわけではないので注意が必要です。

元カレや元カノに関連する文字を目にするようになる

日常的に、元恋人に関連する文字がよく目に入ることがあります。

例えば、彼や彼女の名前がよくテレビや雑誌で見かける、SNS上でその名前が話題になる、友人や知人から元恋人に関する話題を聞くなどです。

これは単なる偶然や周囲の影響によるものかもしれませんが、スピリチュアルな解釈では、それらの文字が頻繁に現れることが、復縁の前兆とされることもあります。

ただし、これらの文字が現れたからといって、必ずしも復縁が実現するわけではないことを念頭においてください。

元カレや元カノと偶然に会うようになる

復縁を望んでいる方にとって、元恋人と偶然に再会することは、もしかすると復縁のチャンスかもしれません。

スピリチュアルの視点では、このような再会は宇宙の意志や運命の導きと解釈されることもあります。

また、元恋人が再会を望んでいる場合もありますので、積極的にアプローチすることで、復縁につながる可能性もあります。

ただし、再会が偶然であっても、相手が復縁を望まない場合はあまり無理強いせず、相手の意志を尊重することが大切です。

 

復縁の前兆なの?胸騒ぎがする!彼と復縁できるスピリチュアルなサインとは?

復縁の前兆が「勘違い」の状況とは?

「もしかしたら復縁できるかも?」と感じる時には、以下のような状況があります。

  • 連絡が取れるようになった
  • 相手から連絡が来るようになった
  • 別れたあともよく会っている
  • しばらくして普通に会えるようになった
  • 相手から「会いたい」と誘われることが増えた
  • 好意的な言葉を言われた
  • 好きな人や恋人ができたのかを聞かれた

しかし、これらの状況の中には、復縁の前兆と言えるものとそうではないものがあります。

それぞれの状況について解説します。

元カレと連絡が取れるようになった!

まず、連絡が取れるようになったときです。

前に比べて連絡が取れるようになったり、以前のようなやり取りができるようになった場合、それは大きな前進です。

しかし、連絡が取れるようになっただけであっても、復縁の前兆とは言えません。

この段階では、相手がやっと友達としての関係を築き直してくれるようになった、という意味合いが強くなります。

別れる際、感情的になって冷静さを失うこともあります。

また、別れを受け入れてもらうために一度距離を置くことも多いです。

しかし、しばらく時間が経つと気持ちが落ち着いてくることが一般的です。

そして、多くの人は「友達としての関係を取り戻したい」という思いがあるなら、ここで連絡を取ろうと考えるでしょう。

つまり、連絡を取ったことに特別な意味はないのです。

相手がやり直す意思はないけれども、友達としての関係は続けたいと思っている可能性があるわけです。

また、別れた後もずっと連絡が取れている場合も同様です。

この場合、相手からの警戒心は低いでしょうが、単に友達としての継続的な連絡だけを意味することも考えられます。

もちろん、相手にはまだ未練があるために連絡を取り続けている可能性もあるし、復縁を考え始めたために連絡を取ることを検討したのかもしれません。

復縁ではなく、友達として会うこともある

一定期間連絡を絶った後、相手から復縁を申し込まれることも実際にはよくあります。

ただし、相手に復縁の意思がある場合、このような連絡がすぐに来ることがほとんどです。

しかしながら、連絡を取り合う関係が続いている場合、友達に戻れたと考えるべきです。

会えるのは「未練が残っている」可能性がある

しばらくして会う機会がある場合や、別れた後も会っている場合は、相手に未練が残っている可能性があります。

これは復縁の前兆とも見なせます。

ただし、相手に復縁の意思がある場合、すぐにその話が出るはずです。

逆に、たまに会うだけで復縁の話が出てこない場合は、それはただの友達として扱われていると考えた方が良いでしょう。

気を遣わなくても良いし、気軽に誘える関係だからという理由で会いたがる人は意外と多くいます。

元恋人を「親友」としても認識している

特に交友関係が広くない人や親しい友達がいない場合は、別れた相手を元恋人であり同時に親友とも認識している可能性があります。

そのような人にとっては、寂しいときや暇なとき、何かをする際やどこかに行く際に相手が必要な場合、最初に頭に浮かぶのが元恋人です。

さらに、気を遣わずに誘える存在でもあるため、相手からの誘いが増えることもこれらの理由によるものと考えられます。

もちろん、体の関係を求めている可能性も否定できませんが、そのような関係は復縁にはつながらないため、きっぱりと断ることが大切です。

「恋人ができた?」と聞くのは、興味がある証拠

「好きな人できた?」 「恋人できた?」という質問を受けると、相手はあなたのことを気にかけていることが分かります。

ただし、別れた後でも元恋人のことが気になるのは一般的なことで、それと未練は別物として考える必要があります。

復縁を考えているわけではないけれど、好きな人や恋人ができたかは気になる。

こうした心情を持つ人は珍しくありません。

自分の言いたい通りにいないという感覚がまだ残っているのかもしれません。

また、相手が自分より先に新しい恋人を作るのは嫌だと感じる人も少なくありません。

そうすることで負けたような感覚に陥るのかもしれません。

相手の気持ちを考慮すると、「好きな人や恋人ができたか」と聞かれるのは相手があなたのことを気にかけているからだけど、未練があるわけではなく、復縁の兆候として受け止めることはできない、という答えになります。

「以前と雰囲気が違うね」と指摘されたら復縁に近づいた証拠

復縁の兆候とまでは言えないが、確実に復縁に一歩近づいたと断言できるのは、相手から変化を指摘された場合です。

どんな些細な変化でも、相手に気づいてもらえることで必ず興味を持ってもらえるようになります。

「別れてから何があったのかな?」という感じですね。

もし変化が別れの原因と関係がある場合は、相手からの印象は確実に変わるでしょう。

その変化をきっかけに、相手が復縁を考えてくれる可能性も高くなります。

もちろん、これは最初の一歩に過ぎず、相手がすぐに復縁を決意してくれるわけではありません。

相手は本当に変わったのか疑いの目で見てくると思いますので、しばらくの間は確信を持たせるまで時間がかかることもあります。

しかし、これまでの経験から言えることは、変化が指摘されると、かなりの確率で復縁することができるということです。

「好意的な言葉」が発せられた時は、異性として意識されている

相手があなたに対して好意的な言葉を口に出した場合は、その言葉には相手があなたに対して異性として意識している可能性があることを意味します。

たとえば、「可愛くなった」「綺麗になった」といった言葉や「かっこよくなった」「一緒にいると楽しい」「一緒にいると落ち着く、安心できる」といった言葉が出てくることで、相手はあなたに好意を持っているか、その言葉をきっかけにあなたに対して意識するようになる可能性があります。

相手があなたを魅力的だと思ってくれたり、安心感や心地よさを感じてくれたりすると、相手の感情は大きく動くはずです。

もちろん、相手がただ思ったことを口にしただけの場合もありますが、少なくともあなたを悪く思っていたわけではないということです。

好意的な言葉が出た場合は、復縁が近づいている可能性があると考えても良いでしょう。

相手が「思い出」を語るようになったら復縁が近い

残念ながら、復縁の前兆と断言できるような明確なものは存在しません。

復縁につながる言動は人によって異なるため、解釈も個人によって異なるでしょう。

また、最後までそうした態度を見せない人もいます。

しかし、私の経験から言えることは、思い出話をするようになったときには復縁の可能性が高まる傾向があるということです。

以前付き合っていた時の楽しい思い出を相手が話し始めた後、実際に復縁に至る人々が多いです。

これには、楽しい過去を思い出すことで「もう一度あの頃に戻りたい」という気持ちが強くなるからだと思います。

一度そうした感情が湧くと、一人でいる時間にもいろんなことを思い出すようになります。

「あんなことがあったな」「あのときは楽しかったな」「また○○に一緒に行きたいな」といった具体的な思い出が蘇ります。

こうしたことがあると、自然と復縁を考えるようになるでしょう。

まとめ

関係が進展して相手の態度が変わった場合、その全てが復縁の前兆とは限りません。

実際に復縁が叶うまでは、一喜一憂せずに冷静に進めることが大切です。

しかしながら、以下のような場合は確実に復縁に近づいていると言えるでしょう。

1. 外部から変化が指摘された場合:他人から「関係に変化がある」と言われたときは、復縁の可能性が高いと言えます。

2. 相手から好意的な言葉が出た場合:相手があなたに対して肯定的な言葉を発したり、愛情を示すような発言をする場合は、復縁に向けて確かな進展があると言えます。

3. 相手が思い出話をするようになった場合:相手が過去の良い思い出や共有した経験について話し始めたり、それに触れるような行動をする場合は、復縁が近い可能性があります。

これらの兆候が出たのなら、復縁まであと少しの段階かもしれません。

ただし、焦ることは禁物です。

慎重に進めることが、復縁への最短の道と言えます。

 

元カノの復縁する気ないサインと脈ありサインの見分け方!復縁するには冷却期間が大切!