写真写り悪いけど実物が可愛い人の特徴!写真より実物の方が可愛いのはなぜ?

実物の方が可愛い人 特徴 恋愛
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)

「美人なのに写真写りが悪い」という言葉がありますよね?

写真では、実際ほどの魅力があまり伝わらないけれど、実物は美人でとても可愛らしい女性を指し示します。

このような女性には、実際の美しさが隠れているという徴特があります。

この記事では、そんな美人たちの特徴や、写真写りを改善する方法について詳しくご紹介します。

美しさを引き出すポイントを押さえて、あなたも写真だけでは伝えきれない魅力を持つ女性となりましょう。

スポンサーリンク
  1. 写真写り悪いけど実物が可愛い|美人なのに写真写りが悪い人の特徴
    1. 写真写りが悪い人の特徴1|笑顔が苦手で表情が硬い
    2. 写真写りが悪い人の特徴2|自分が綺麗に写る角度を知らない
    3. 写真写りが悪い人の特徴3|写真を撮られることに慣れていない
    4. 写真写りが悪い人の特徴4|暗く地味な洋服である
    5. 写真写りが悪い人の特徴5|猫背で姿勢が悪い
  2. 実物の方が可愛い人 特徴|写真写りは悪いけど、実物は美人な理由
  3. 写真写り悪いけど実物が可愛い|美人なのに写真写りが悪いのは損なの?
  4. 写真写り悪いけど実物が可愛い|美人とは言わないけど、写真写りが悪い理由は?
    1. 写真写りが悪い理由1:「彫りが浅い」「彫りが深い」
    2. 写真写りが悪い理由2:目が小さいと写真で印象が残らない
    3. 写真写りが悪い理由3:切れ長の目は冷たい印象がある
  5. 写真写り悪いけど実物が可愛い|写真写りが悪い時の改善策
    1. 改善策1:髪の長い人は結んでみる
    2. 改善策2:明るい色の洋服で写真を撮る
    3. 改善策3:照明を使って、明るい場所で写す
    4. 改善策4:猫背にならないよう、姿勢に注意する
    5. 改善策5:撮られるポーズや角度を工夫する
    6. 改善策6:たくさん自撮りして研究する
    7. 改善策7:写真写りが可愛い人を参考にする
    8. 改善策8:画像編集ソフトを使うのも有り!
    9. 改善策9:マッチングアプリに使うならプロに撮ってもらう
  6. まとめ
  7. 「写真写り悪いけど実物が可愛い」の関連記事
    1. ブスでもモテる方法
    2. マッチングアプリが向いて人の特徴

写真写り悪いけど実物が可愛い|美人なのに写真写りが悪い人の特徴

実物の方が可愛い人 特徴

  • 笑顔が苦手で表情が硬い
  • 自分が綺麗に写る角度を知らない
  • 写真を撮られることに慣れていない
  • 暗く地味な洋服である
  • 猫背で姿勢が悪い

写真写りが悪い人の特徴1|笑顔が苦手で表情が硬い

美人にもかかわらず写真を撮られると、その魅力が出ずに硬い表情になってします女性がいます。

特に、写真を撮られ慣れていない女性は、自然な笑顔が作れず、不自然な笑顔になってしまったり、逆に全く笑えずに無表情になってしまうのですね。

さらに、意識しすぎると、余計に表情が硬くなり、結果として出来の悪い写真になってしまいます。

美人なのに写真写りが悪い人は、笑顔を作るのが苦手で表情が硬いという特徴があります。

写真写りが悪い人の特徴2|自分が綺麗に写る角度を知らない

美人なのに写真写りが悪い女性の特徴の一つに、自分が最も美しく映る角度を知らないことです。

印象良く写真に写るには、適切な角度や光の当たり方などさまざまなテクニックがあります。

これらを上手く使うことで、実際よりも美員に移ることができます。

写真写りが良い女性は、自分が一番キレイに写る角度をよく知っているので、いつ写真を撮っても魅力的に写ることができるのです。

写真写りが悪い人の特徴3|写真を撮られることに慣れていない

写真写りの悪い女性は、写真を撮られるのが得意ではない人が多いです。

要するに、写真撮影自体に不慣れであり、写真を撮られることに抵抗を感じているのでしょう。

人は誰でも、嫌な状況に置かれると自然と表情が暗くなり、笑顔が見られなくなるものです。

写真に対する苦手意識が表情にも反映されてしまい、結果として写真写りが良くないのです。

写真写りが悪い人の特徴4|暗く地味な洋服である

写真写りが悪い女性の中には、実際は美人なのに写真では地味に見えてしまう人がいます。

このような人たちの特徴として、暗い服を着ていることが挙げられます。

暗い服は、肌の色のトーンを下げ、全体的に暗く見えるため、影ができやすくなります。

その結果、写真全体が地味で暗い印象を与えるのです。

なので、写真で美しく映るためには、明るい色の服を選ぶことが大切です。

写真写りが悪い人の特徴5|猫背で姿勢が悪い

綺麗なのに写真が良くない女性は、猫背な人が少なくない印象です。猫背は、人に与える印象として、とてももったいない姿勢です。

姿勢が悪いだけで、美人には見えなくなってしまいます。背中が丸まってしまい、顔が前に出てしまうことで、顔も大きく見えてしまいます。

さらに、背中が丸まることで肩も前に下がり、とても不気味な印象を与えます。猫背のままで写真を撮ると、本来の美しさが台無しになってしまいます。

 

実物の方が可愛い人 特徴|写真写りは悪いけど、実物は美人な理由

実物の方が可愛い人 特徴

「写真写りが悪いけれども、実物は美人」という言葉は、よく聞くかもしれませんね。

私たちは写真だけで判断してしまうことが多々ありますよね。

まず、写真と実物を比較すると、撮影した角度や光の反射などさまざまな要素によって、実物の魅力を写真として写し出すことが難しいことがあります。

また、人は自分の写真には満足しない傾向があるため、他人の写真でも同様の感覚を抱くことがあるのかもしれません。

そのため、写真だけで人を評価するのは公平ではないと言えるでしょう。

一方で、人々が実物を「美人」と感じるのは、さまざまな要素が絡み合っていることがあります。

例えば、人の表情や仕草、声のトーン、匂いなど、自然な要素によって実物に魅力を感じることができるのです。

また、人々は総合的に情報を処理する能力を持っており、見たり聞いたりした情報を基に実物を評価することができます。

結論として、写真と実物、そして人々が魅力を感じる要素は異なることがあります。

写真では、それほど美人に写っていなくても、実物を美人と感じるのは、写真には写らない、その人の魅力的な印象があるためかもしれません。

自分自身の判断力を信じ、写真だけでなく実物を見た上で判断することが大切です。

写真写り悪いけど実物が可愛い|美人なのに写真写りが悪いのは損なの?

実物の方が可愛い人 特徴

「私は写真写りが悪いだけ!実際に会ってもらえれば分かるから大丈夫」と思ってしまいがちですが、実際には、写真写りが悪いと損をすることがあります。

特に、履歴書などの証明写真では、写真写りが悪いと損ですよね。

直接面接をする場合は、実際に会っているので、実物の印象を評価してもらえるかもしれません。

しかし、会社によっては面接前の書類選考が行われ、面接の機会が書類審査で決まる場合もあります。

その場合、先に履歴書を送る必要がありますので、証明写真が非常に重要になります。

もちろん、外見だけですべてを判断することはありませんが、選考の参考にすることは間違いありません。

そのような場合には、写真の印象が悪いと損をしてしまう可能性があるのです。

写真写り悪いけど実物が可愛い|美人とは言わないけど、写真写りが悪い理由は?

実物の方が可愛い人 特徴

  • 「彫りが浅い」「彫りが深い」
  • 目が小さいと写真で印象が残らない
  • 切れ長の目は冷たい印象がある

写真写りが悪い理由1:「彫りが浅い」「彫りが深い」

写真を見て、「自分は写真写りが悪い」と感じる人の共通する特徴としては、顔の彫りが浅いとか、彫りが深いかがあります。

顔の彫りが浅いと、肌に陰影がつきにくく、平坦な印象を与える傾向があります。逆に、顔の彫りが深いと、角度によって影が強調され、暗い印象を与えることがあります。

照明器具を使えるのであれば、使うことをおすすめします。また、野外での撮影は太陽の位置を考えて、顔が明るく見える位置で撮影しましょう。

写真写りが悪い理由2:目が小さいと写真で印象が残らない

写真写りが悪い人という悩みを抱える人には、一般的に「目が小さい」という特徴があります。

美人と言われる人の中でも、目の大きさには個人差がありますが、写真写りだけを考えると、目の大きい人の方が写真映えしますよね。

目が小さい人は、「この人、目が大きいね!」という印象がないので、写真での映りが悪くなる可能性があります。

しかし、スマホの時代では目を大きく見せるためのアプリもありますし、メイクやプチ整形もあります。

このように、いろいろな方法があるので、もし目を大きくしたいと思うのなら、自分に適した方法を検討してみることをおすすめします。

写真写りが悪い理由3:切れ長の目は冷たい印象がある

写真写りが悪い人の中には、目が切長という特徴を持つ人がいます。

切長の目を持つ美人は、一見してクールで引き締まった印象を与え、時に「カッコイイ」と表現されることも少なくありません。

しかし、写真に写ると話は変わります。

切長の目は、どうしてもキツイ印象を与えてしまい、冷たい印象を与えることもあります。

時に、目つき悪く見えることもあり、どれだけ美人でもマイナスになってしまいます。

写真写り悪いけど実物が可愛い|写真写りが悪い時の改善策

実物の方が可愛い人 特徴

  • 髪の長い人は結んでみる
  • 明るい色の洋服で写真を撮る
  • 照明を使って、明るい場所で写す
  • 猫背にならないよう、姿勢に注意する
  • 撮られるポーズや角度を工夫する
  • たくさん自撮りして研究する
  • 写真写りが可愛い人を参考にする
  • 画像編集ソフトを使うのも有り!
  • マッチングアプリに使うならプロに撮ってもらう

改善策1:髪の長い人は結んでみる

写真写りが悪いと感じている方は、髪を結ぶことをおすすめします。

特に、ロングヘアの方は、髪をまとめてみることをおすすめします。

ロングヘアでも、髪を下ろしていると、髪の毛が顔の周りを覆ってしまい、少し暗い印象を与えてしまいます。

顔の角度によっては、髪の一部が顔にかかってしまい、せっかくの美しい顔が隠れてしまうこともあります。

そのため、髪をまとめてすっきりとした印象を与えることを心掛けましょう。

顔の周りがすっきりとしていると、それだけで明るい印象を与え、写真写りが良くなるでしょう。

改善策2:明るい色の洋服で写真を撮る

写真写りが悪いと思うときには、明るい色の洋服を選ぶのがおすすめです。

暗くて地味な洋服を着ていると、写真写りが悪くなることがあります。

なので、暗い服を避けて、明るい色味の服を選ぶように心掛けましょう。

また、明るい服は、肌のトーンを明るく見せる効果があります。

肌のトーンが明るくなるだけで、顔の印象も明るくなりますので、ぜひ試してみてください。

改善策3:照明を使って、明るい場所で写す

適切な照明を使用することも非常に重要です。

適切に光源を調節することで、暗い部分と明るい部分のコントラストを調整することができます。

さらに、写真の色彩を美しく見せることもできます。

また、自然光を利用することで、より自然な表情を引き出すことができ、肌にも美しさを与える効果が期待できます。

改善策4:猫背にならないよう、姿勢に注意する

写真を撮る際に、自分の姿勢に注意することが大切です。

長時間スマホを触っている人も多いかと思いますが、スマホを見るときの姿勢について知っていますか?

スマホを見る時って、猫背で首を前に出してしまっていることが多いんですよ。

スマホが原因で、日頃の姿勢が身についてしまう可能性も高いです。それで、姿勢が悪くなると、顔が大きく見えたり、悪い印象を与える原因にもなります。

そのため、意識して姿勢を正し、胸を張るようにしましょう。

猫背で背中が丸まっている姿勢と胸を張りピンとした姿勢では、写真写りが全く違ってきますよ。

改善策5:撮られるポーズや角度を工夫する

写真を撮る際には、ポーズや角度についても意識してみましょう。

写真に、印象的な表情で撮られれるために、表情以外にもボディラインや角度を考慮することもポイントです。

最初に、良い印象に見えるポーズを決めて、それに合わせて自分自身のアングルや表情を調整することが大切です。

改善策6:たくさん自撮りして研究する

写真写りが、どうしても良くないと感じた時は、写真に撮られなれることをおすすめします。

人は慣れていないことをすると緊張したり、表情が固くなったりすることも多くなります。

そのため、普段から写真を撮られる経験していると、緊張しないで写真に写れるでしょう。

現在はスマートフォンの普及によって、簡単に写真が撮れるようになりました。

暇な時間や余裕がある時には、自撮りをしてみるなどして写真に慣れを身につけましょう。

慣れてくると、自分にとって可愛いアングルや小顔に見えるアングルなどが分かるようになります。

可愛く写真が撮れるようになると、自信がついて内面も活気に満ちてくるでしょう。

改善策7:写真写りが可愛い人を参考にする

写真の写りがイマイチの場合には、写真写りが可愛い人の人を参考にすると良いですよ。

特に最近ではSNSの時代となり、Instagramなどで芸能人だけでなく一般の人々も自撮り写真を投稿していますよね。

SNSで写真がキュートに撮れている人を見つけて、その人の撮り方をまねしてみるのはとても効果的です。

例えば、撮影する角度、表情、着ている洋服、撮影場所、ポーズなど、上手に撮れている要素を意識して自分も取り入れてみましょう。

最初は他人のまねをすることでも構いません。

少しずつ自分なりの撮影方法に変化していき、自分だけのオリジナルな撮られ方が見つかるはずです。

改善策8:画像編集ソフトを使うのも有り!

ちょっと反則的な方法ですが、写真を編集するソフトウェアを使用することもオススメです。

無料のスマホアプリでも写真編集が可能なので、顔や肌の色調を調整したり、光のバランスを調節することによって、簡単に写真写りを良くすることができます。

ただし、過剰な編集はむしろ逆効果となる場合もありますので、適度な加減を考慮するようにしましょう。

改善策9:マッチングアプリに使うならプロに撮ってもらう

やはり、素人が一生懸命写真を撮っても、プロの写真家にはやはり勝てません。

マッチングアプリやお見合いに使う写真は、すごくに重要なのでプロに撮影してもらうのが良いでしょう。

プロに依頼することにためらいを感じる方もいるかもしれませんが、実際にはプロに頼んでも料金は、それほど高額ではないです。

写真写りの悪い写真で婚活&恋活するくらいなら、プロに頼むことは初期投資として非常にコストパフォーマンスが良い選択です。

まとめ

いかがでしたか?、

写真では美人に写らない人に共通する特徴や、その理由を解説しました。

実際には、写真で魅力を引き出せない美人がたくさん存在します。

これは、写真が撮影される瞬間の表情やアングルが、本来の美しさを十分に表現できていないからです。

しかし、写真の印象を改善する方法もあります。

写真を撮る場所を明るくしたり、正面から撮影することや首の位置に注意するだけで、写真写りを良くすることができます。

さらに、姿勢に気を付けたり、照明を使用することも効果的です。リラックスして笑顔で撮れるようになるのも大切です。

ただ、最も重要なことは、見た目だけで人を判断しないことです。

写真写りが悪くても、実際に会って話してみると、魅力的な一面を発見することができるかもしれません。

美しさは内面からも感じられるので、自信を持って自分自身を大切にすることも重要です。

 

「写真写り悪いけど実物が可愛い」の関連記事

ブスでもモテる方法

「容姿がブスでも心が魅力的な女性は、多くの人から好意を持たれることがあります」という考え方があるかもしれません。

この記事では、容姿がブスと評される女性でも異性からの魅力を引き出すことができる方法や、モテるための特徴について詳しく解説しています。

自分の容姿に自信がない女性にとっても参考になる内容ですので、ぜひ読んでみてください。

ブスでもモテる方法とルックス以外の魅力的な特徴!ただのブスとの違いは?

 

マッチングアプリが向いて人の特徴

マッチングアプリは、恋愛の相手を見つけるのに非常に便利なツールですが、すべての人には合わない場合もあります。

もしかしたら、「マッチングアプリって、少し苦手なんだな」と感じているかもしれませんね。

以下の記事には、あなたに当てはまる要素があるからかもしれません。

また、マッチングアプリが苦手な方でも、出会いのチャンスはたくさんあります。

ここでは、マッチングアプリが向いて人におすすめの出会い方も紹介しています。

マッチングアプリが向いていない人の特徴と対処法!おすすめの出会い方とは?