遠距離恋愛はどこから?中距離恋愛との頻度の違いや男女の定義の違いは?

遠距離恋愛はどこから 恋愛
スポンサーリンク
(※本ページはプロモーションが含まれています)

遠距離恋愛は、どこからのことを言うのでしょうか?こちらでは、遠距離恋愛の距離の定義について解説しています。

また、中距離恋愛との違いなど、離れているカップルの納屋網についても紹介しています。なので、遠距離恋愛しているカップルには共感しながら読み進めてもらえます。

  • 遠距離恋愛が難しい理由
  • 遠距離恋愛から結婚したカップルの特徴
  • 遠距離恋愛の定義について

解説しています。

また、遠距離恋愛ではどのくらいの頻度で会うのがいいのかについても解説しています。さらに、遠距離恋愛を長続きさせるコツについても紹介しています。

こらから遠距離になってしまうカップルや、既に遠距離しているカップルに役立つ記事となっているので参考にしてくさい。

 

スポンサーリンク
  1. 【遠距離恋愛 どこから】遠距離恋愛の定義は?
    1. 遠距離恋愛の定義(男性編)1:毎日会えないくらい離れている
    2. 遠距離恋愛の定義(男性編)2:交通が不便(交通手段が少ない)
    3. 遠距離恋愛の定義(男性編)3:車で行くには日帰りは辛い(200㎞くらい)
    4. 遠距離恋愛の定義(男性編)4:交通費の負担が大きい距離
    5. 遠距離恋愛の定義(男性編)5:海外転勤
    6. 遠距離恋愛の定義(女性編)1:誕生日に会えない
    7. 遠距離恋愛の定義(女性編)2:日帰りできない距離
    8. 遠距離恋愛の定義(女性編)3:彼氏が忙しくて会えない
    9. 遠距離恋愛の定義(女性編)4:彼氏が忙しくて会えない
    10. 遠距離恋愛の定義(女性編)5:彼氏が忙しくて会えない
  2. 【遠距離恋愛 どこから】距離が離れている恋愛が難しい理由
    1. なかなか会えないので寂しい
    2. 浮気される可能性がある
    3. 気持ちが離れてしまう可能性がある
    4. 簡単にデートの日程を簡単に決めれない
    5. 会うための交通費が大きい
  3. 【遠距離恋愛 どこから】結婚しているカップルの特徴
    1. 特徴1:結婚の約束をしいる
    2. 特徴2:2人で目標金額を決めて結婚資金を貯めている
    3. 特徴3:結婚後の話もしている
    4. 特徴4:お互いの友人を紹介している
    5. 特徴5:お互いの両親に紹介している
  4. 【遠距離恋愛 どこから】まくいかないカップルの特徴
    1. 遠距離恋愛の課題:連絡や会う頻度の少なさ
    2. 遠距離恋愛の課題:相手を束縛してしまうこと
  5. 【遠距離恋愛 どこから】長続きさせるためのコツ
    1. 相手のことを信じることが基本中の基本
    2. 会う頻度を決めておく
    3. 連絡はマメにとる
    4. 不安なことは話すようにする
    5. 将来に向けた、前向きな話をする
  6. 【遠距離恋愛 どこから】どのくらいの頻度で会うのがいいの?
    1. 学生カップルの頻度:時間はあるから交通費次第
    2. どちらかが社会人カップルの頻度:社会人に合わせる
    3. 社会人カップル:お互いの休みに合わせて
    4. 2~3時間で会える距離:週一がベスト(交通費次第)
    5. 新幹線・飛行日を使う距離交通費の負担があるので月一がベスト
  7. 【遠距離恋愛 どこから】遠距離恋愛が辛いときの乗り越え方
    1. 自分時間を充実させる
    2. 友だちに話を聞いてもらう
    3. 「寂しい」と正直に気持ちを伝える
    4. 遠距離恋愛を続ける上での注意点
    5. テンションの低いメッセージは避けるべき
    6. 言葉にできないときはLINEのスタンプを活用しよう
  8. 【遠距離恋愛 どこから】まとめ

【遠距離恋愛 どこから】遠距離恋愛の定義は?

遠距離恋愛の定義(男性編)1:毎日会えないくらい離れている

男としては毎日会えない位離れていると不安に感じてしまいます。というのも離れていては相手はなにをしているかわからなく最悪の場合浮気をしているのではないかと考えてしまいます。

ですが毎日会いたいという気持ちになってしまいがちですが、離れてしまっていてはどうすることもできずただ会える日を待つしかないと思います。

会えることで喜びの気持ちが出てきますので安心できると言えます。正直会いたいけど会えない位離れてしまったら引っ越しをするべきなのか。

会社にて転勤先があるなら会社に相談してみるなど対応をした方が彼女と毎日のように会えると考えてしまうこともあると思います。やはり寂しい時は寂しくなります。

遠距離恋愛の定義(男性編)2:交通が不便(交通手段が少ない)

交際相手に会いにいくにも交通不便な場合があります。そういった場合は諦めるか何とかするかで彼女との関係が大きく変わっていくと思います。

というのも不便と言えども必ず交通手段はあります。本当に好きと言えるならタクシーやレンタカーを借りて会いにいくのがいいです。

交通手段が困難な場合、彼女の所へ会いにいったら彼女は喜ぶこととなりますお互いの絆はより深まるものだと言えます。

なので交通手段が不便だからといって諦めるのではなく本当に会いたい。好きという感情が嘘でないのならどういう手段でも構わないので会いにいくべきです。

会いにいくことが交通が不便という理由となると遠距離恋愛に終わりを告げることをおすすめします。

遠距離恋愛の定義(男性編)3:車で行くには日帰りは辛い(200㎞くらい)

交際相手に会いにいくの日帰りは辛いといってはいけないと思います。それは本当に相手のことが好きといえるなら辛いとは言わず会える喜びを感じながら移動することができます。

もし中途半端な気持ちで好きなら片道200キロの車での移動も苦痛に感じてしまいがちです。

ここで改めて彼女のことをどう思っているのか自分の気持ちに問い合わせしてみるのもいいかと思います。そこで移動するのかしないのかがハッキリすると思います。

私としては相手のことを大切にしてほしいし、なかなか会えない分相手も心配に思うこともあると思うので辛いとか苦痛とは思わずに会いにいってあげてほしいです。

会いに行けばお互いに幸せな気持ちになり関係もよくなるはずです。

遠距離恋愛の定義(男性編)4:交通費の負担が大きい距離

交通費の負担が大きいと思う距離は人それぞれ感じ方が違うと言えます。負担があると感じる人やそうでない人がいます。

私的な考えですが相手を思う気持ちがあればいくら距離が離れていても全く負担には感じなくなります。

むしろ負担と感じるのであれば彼女に対しての気持ちはその程度だったといってもいいでしょう。人によって考え方は違うとは思うので遠距離恋愛をしているのであればお金や距離というよりは彼女に会える喜びや嬉しさを感じて下さい。

やはり彼女という存在は大事なのでなるべく負担とか距離があるとは言わないで時間がある時は積極的に会いにいってあげてください。

近場での恋愛とは違うので彼女を大切にそして遠距離恋愛たろうとも幸せにしてあげるようにしましょう。

遠距離恋愛の定義(男性編)5:海外転勤

遠距離恋愛でのパートナーが海外転勤してしまったら会うことは難しくなってしまいます。ですがいつかは必ず帰ってくる日が来ると思うのでその日を待つか、海外転勤が決まったタイミングで結婚をするようにするのがいいかと思います。

というのも結婚をすれば夫婦として海外へいき一緒に住むことができます。そしてら今まで遠距離恋愛だったのが夫婦として生活をすることができるのでお互いにいいです。

逆に何もなく遠距離恋愛のままの関係で居続けるとなると破局への道を歩むこととなります。

会うことが難しいことと時差があるので連絡も取ることが難しくなるのでそのまま自然な流れで破局となることが考えられます。そうならないためにもしっかりと海外転勤前に話し合いが必要となります。

遠距離恋愛の定義(女性編)1:誕生日に会えない

遠距離恋愛の欠点として彼氏と誕生日の日に一緒に祝うことができないことがあげられます。となると誕生日は一人でお祝いとなり切なくなってしまいます。

電話などで連絡は取り合うことはできますが、女性としては彼氏がそばにいてくれることで安心感と付き合っていることの幸せを味わうことができます。とは言うものの遠距離である以上誕生日の日に会うことは難しいです。

なるべく男性は寂しい想いをさせることなく接してあげることをしてあげてください。そして誕生日の日でなくてもいいので日にちをずらして会いにいってあげることで彼女は嬉しい気持ちになります。

なので男性としては誕生日にお祝いができない分彼女をどういう形でもいいので喜ばせることが大事です。

遠距離恋愛の定義(女性編)2:日帰りできない距離

恋人が日帰りできない距離にいると何とかして会いたいと思ったりと考えてしまうことがあげられるかと思います。

今は会いたいと思っても会えない分テレビ電話があるので寂しさをかき消す気持ちでテレビ電話で対応するといいかと思います。

テレビ電話の場合は会いたいと思った時に顔を見て話をすることが可能となります。いくら距離が離れていようとも利用することができるのが特徴なので日帰りできる距離でないからといって諦めるのはもったいないです。

実際に会うことはできないですが、日帰りで会うことができなくても少しでも可能性を見つけ出して会っているような感覚になれる手段を見つけることで距離に関係なくお互いに過ごせると思います。

やれることはやるようにしましょう。

遠距離恋愛の定義(女性編)3:彼氏が忙しくて会えない

彼氏が忙しくて会えない場合は、いつだったら大丈夫なのか聞いてみるのも大事です。そこでいくつか候補が出てくるかと思います。

遠距離恋愛の場合は上手く予定を合わせて会うようにしましょう。でないと次またいつ会うチャンスが回ってくるかわからないですし忙しいという理由で先伸ばしになる恐れがあります。

また近場での恋愛だとすぐに会えるメリットがあるので予定を言われたならなるべくその日に合わせて会いにいくといいです。

忙しいことは仕方ないことですが仕事も大事であり、恋人にも時間を費やしてあげることが男性の立場でもあり女性のためにもなるといえます。

女性としてはなるべく忙しいからという理由で会えないと言われるのは嫌だと思いますし言われたくないと思います。

遠距離恋愛の定義(女性編)4:彼氏が忙しくて会えない

彼氏が忙しくて会えないという日々が続いてしまった場合は女性としては考えるものがあるかと思います。というのは私と仕事どっちが大事なのか考えてしまうと想定されます。

もしその言葉を男性が直接言われてしまったら間違いなく喧嘩になるので発言だけは控えたい所です。

とはいっても女性としては会いたいけど会えないことが寂しさを引き起こしてしまうので男性としてはそれに気がついてフォローするべきだと言えます。

そうでないと破局へつながることも考えられるのでそうなってしまったら残念すぎです。

交際をしていて破局が一番あってはならないことだと思うのでお互いの気持ちを感じあい悪い方へ結びつかないように思いやる気持ちと喧嘩に繋がらないような言葉が大事になります。

遠距離恋愛の定義(女性編)5:彼氏が忙しくて会えない

彼氏が忙しくて会えない場合はメッセージにてやり取りをしましょう。メッセージだと文章に書いた文字は残るので相手は目を通すこととなります。たとえ忙しいとはいえ帰りの電車などで返事を返すことはできます。

ですがメッセージのやり取りだけでは物足りなさはあるのは事実です。逆に彼氏に会いたいといってばかりいると変に思われてしまうかと思うので会いたいということは伝えないで普段通りに接することです。いざ会う日がきたら会いたかったという気持ちを素直に伝えましょう。

そしたら彼の心に大きく響くと思うので彼氏の方も忙しすぎてかまうことができなくて申し訳ないという気持ちになるかと思います。会いたいといって無闇に気持ちを伝えると逆効果ともなるので注意が必要です。

【遠距離恋愛 どこから】距離が離れている恋愛が難しい理由

なかなか会えないので寂しい

遠距離恋愛となるとお互いに結構離れているので寂しくなってしまいます。ゆいつの連絡手段としてスマホしかありませんが、お互いに時間が合わないと連絡を取ることが難しいです。

そこで連絡を取り合う間隔があいてしまうと寂しい気持ちが膨らみ今なにしてんだろう。なにかあったのかな。など考えてしまいます。

やはり恋人同士の関係である以上は遠距離ではなくそばにいたいという気持ちが本音だと思いますが、仕事の関係など理由はさまざまだと思います。

なので遠距離恋愛をしてしまうとなかなか会えない反面寂しいという気持ちになってしまうので、遠距離恋愛をするのであれば覚悟が必要となりますし「寂しさを紛らわすためにどうしたらよいのか」、についても考える必要があります。

「会いたい」を“重い”と言われた

なかなか会えないから「会いたい!」と言うのは“重い”のでしょうか?

遠距離恋愛は物理的に会える時間がなくなるので、少しでも会える時間があれば、短い時間でも会いたくなります。それを重いと言われると辛いです。同じ気持ちではないんですね。

遠距離って難しいですね。同じ気持ちでないと少しづつズレていきます。一旦、ズレてしまうと、元には戻らないのかもしれません。

遠距離を長続きさせるコツは、案外とコミュニケーションだけなのかもしれません。

 

関連ページ:「会いたい」って重い?彼氏や好きな人にわがままにならない伝え方

 

「仮交際で一週間連絡なし」ってどうなの?

結婚相談所で良さそうな方を紹介してもらって、仮交際をスタートさせました。数回、良い感じでお会いすることができました。

このまま本交際スタートかな?なんて期待していたのに、もう一週間も連絡がありません。これって、どういうことなのでしょうか?

結婚相談所なので、もし私のことがタイプではないのなら、直接断らる必要はありません。相談所に断りの連絡をするだけです。なのに、仮交際から一週間も連絡をくれません。

これって何かの放置プレイですか?仮交際でそんなの必要ありません。きっと私がタイプではなかったのでしょうけど、ちゃんと連絡して欲しいです。常識のある大人ならそうしますよね?

 

関連ページ:仮交際で一週間連絡なし!婚活でのLINE頻度は?連絡がない理由

 

浮気される可能性がある

遠距離恋愛となるとパートナーに浮気をされる恐れがあります。というのもパートナーは近くにいないのでバレることがないから軽い気持ちで浮気に走ってしまうことが考えられます。

また会えない寂しさをなくすために浮気に走ってしまうことも考えられます。実際に浮気をされても証拠をつかめないし浮気をしていることすらわからないで終わってしまいます。

パートナーが浮気をしないためにも日頃から連絡を頻繁に取り合い時間がなかなか合わないかもしれませんがお互いの住む場所の中間点などを候補にして会うようにしてお互いの愛について確認し合うことが大事となります。

遠距離恋愛の中で浮気が発覚したらショックは大きく立ち直ることすら難しくなるのでお互いの気持ちは大切にしあいましょう。

恋愛してる自分が気持ち悪い・・・

遠距離恋愛で、気持ちが離れないように頑張っている自分を気持ち悪いように感じてしまうことがあります。「何、頑張ってるの?」と自問自答してしまうこともあります。

相手の気持ちが自分から離れてしまった時には、特にそういう気持ちが強くなります。自分だけこんなに頑張って遠距離を続けようとしているのに、相手は浮気してたんだ・・・

そういう現実を突き付けてられると「恋愛してる自分が気持ち悪い」と感じてしまいます。

 

関連ページ:恋愛が気持ち悪い!恋愛してる自分が気持ち悪いのはなぜ?好意に嫌悪感は病気?

 

気持ちが離れてしまう可能性がある

遠距離恋愛で注意しないといけないのがお互いの距離が離れている分心も離れていると言えるのでなかなか会えないとなると好きという感情がなくなってしまうことが考えられます。

遠距離恋愛で相手を好きというか感情はあるにしてもお互いその土地で異性と会うので気持ちがそっちにいってしまうことがあります。

そうなってしまったら遠距離恋愛ではなくなり、会いたい時に会えるというメリットがあります。

毎日のように会えば気持ちも完全にそっちの方にいってしまうので遠距離恋愛をしているパートナーの説得は心に響かないと言えます。

なので遠距離恋愛も最初は上手くお互いやっていけると思いますが、時間がたつに連れて心がかわることも十分に考えられるので最初にお互い話し合ってから遠距離恋愛を始めましょう。

簡単にデートの日程を簡単に決めれない

遠距離恋愛となるとなかなかデートの日程が組めないということが大きなデメリットとなります。

お互い仕事をしていることや学生同士など理由はありますが遠距離となると長期休暇ぎ必要となってくるからです。

1日2日会ったらまた次いつ会えるかわからないし近くはないので交通費もかかってしまいます。

交通費は安くはないので一ヶ月に一回のペースだとお金がかかってしまいどちらかが会うペースをあけたいと言ってしまいます。

なので会えない分デートをしたら凄い嬉しい気持ちになり相手のことが好きという気持ちを改めて実感することができるということはいいことです。

遠距離だとデートの日程を組むのが難しいとは思いますが、デートをしたら十分に楽しんでお互いの時間を大切にすることが大事です。

会うための交通費が大きい

遠距離のデメリットとしてパートナーと会うとなると交通費が大きいです。移動するためには往復の時間とお金を費やさないといけないのでお金は大事と言えます。

頻繁に会うとなると交通費だけ多く取られてデート費用はなくなってしまいます。

交際期間が長くなるにつれて今まで気にしなかった交通費を気にするようになり会う頻度が減っていくと考えられるます。

なので、対策としてはお互いの住む場所の中間地点で会うことにするか、どちらかが思い切って相手の住む場所の近くに引っ越しをするのも一つの方法です。

そうでもしない限りは遠距離恋愛で必ず問題となる交通費については解決することはありません。

なので、なるべく早い段階でお互い話あってお互いが納得するような方法で会う頻度や引っ越しをするのかについて話をする必要があります。

上手な遠距離の別れ方を知りたい

遠距離恋愛を続けられなく理由は、人それぞれです。

  • 気持ちが離れてしまった
  • 会えない時間が寂しい
  • 交通費が高額になる

などありました。そんな時「もう無理!」と感じても仕方ありません。

お互いに遠距離恋愛は無理と思っていれば、別れもすんなりいくのかもしれません。

自分だけが別れたいと思っているなら、別れるのは大変です。遠距離恋愛の上手な別れ方ってあるのでしょうか?

女性から別れを切り出すときも、男性から切り出すのも大変です。遠距離恋愛を終わらせるには、どんなことを予想しておくべきなのでしょう。

 

関連ページ:【遠距離の別れ方】彼氏に別れたいと言われた!遠距離恋愛で上手に別れる方法

 

【遠距離恋愛 どこから】結婚しているカップルの特徴

特徴1:結婚の約束をしいる

遠距離恋愛している中でお互いが話し合いをして結婚を前提とした交際となると今目の前にあることに専念して結婚のタイミングまで一生懸命に働いたりするといいです。

遠距離恋愛や近場での恋愛にしても恋愛のゴールは破局か結婚しかないです。

そこで結婚前提の交際となると相手を信じていいし会えない寂しさも今だけと自分に言い聞かすことで遠距離恋愛も耐えられると思います。

結婚をしてしまえば遠距離で違う場所で住むということはなくなりますが、男性の単身赴任がない限りは大丈夫です。

結婚に向けて精一杯頑張る必要があります。遠距離恋愛中は辛いことや寂しいという気持ちがどうしても続いてしまいますが遠距離恋愛からの結婚生活となると嬉しいという気持ちが強くなると言えます。

特徴2:2人で目標金額を決めて結婚資金を貯めている

結婚するためにもお金がかかってしまいます。しかもどちらかが引っ越しをするとなっても引っ越し代に加えて移動するための金額が必要となります。

お互いに結婚に向けて目標金額を貯金することは大切ですし、目標金額が達成したら結婚するのにもゴール間近といえるので目標金額を貯めてお互いの遠距離恋愛を解消し毎日のように会えるような結婚生活を目指して頑張りましょう。

目標金額を貯めることは簡単なことではなかいですが目標を持つことで日々やる気が起きて大きな力を生むといえます。

お互いが一緒になってお金を貯めるということは離れていてもお互いの気持ちが一つになっていると言えるので素晴らしいことです。その気持ちを日々の中で大切にしてください。

特徴3:結婚後の話もしている

遠距離恋愛の中でお互いが結婚後の話をしているとなると楽しいと思います。好きな相手と結婚できることも嬉しいのに、普段なかなか会えない相手と結婚となると凄い嬉しいです。

そこから結婚後の話をすると余計に嬉しさがまして色々イメージしてしまいます。結婚後の話をすることでお互いの気持ちが離れていくことは考えにくいのでなるべく1日でも早く結婚を生活を送れるようにしてください。

結婚と恋愛は全く違うものなので遠距離恋愛と違って寂しさがなくなります。夫婦になると考え方や相手に対する想いも変わっていくので、

まずはお互いに結婚するために一生懸命になって、寂しい気持ち紛らわしつつ遠距離恋愛から結婚生活へと変えましょう。その方がお互いにとっていいです。

特徴4:お互いの友人を紹介している

遠距離恋愛の中でお互いの友人を紹介しあっていることは本格的に結婚に向けた行動だと言えます。紹介しあうことで友人たちに遠距離恋愛ではあるけれど結婚を前提とした交際とアピールしていることになります。

紹介しあうことでお互いがどのような友人がいるのか確認することもできます。しかも結婚式を開くとなるとその友人たちが来ることになるので安心できます。

遠距離でも近場での恋愛でもお互いの友人を知ることはその人のことについてより深く知ることとも言えます。

そして友人に紹介するということは結婚したいという気持ちが本気であり一緒になりたいという意味合いも込められていると思うのでお互いの友人との付き合いも大切にするようにしましょう。

特徴5:お互いの両親に紹介している

お互いの両親に紹介したとなれば結婚に向けて進んでいると言えます。遠距離なので会っても二人の時間が短い中でお互いの両親を紹介しあうということは本気で結婚したいということです。

結婚したいという気持ちが中途半端な場合は両親に紹介したりしません。むしろ遠距離恋愛のことすら隠すかもしれません。

遠距離恋愛も結婚という結末を迎えるためには限られたお互いの会う時間を利用して一つずつこなしていくことが大事です。

両親に紹介、挨拶は結婚間近の行うことだと思うのであともう少し結婚に向けて頑張る必要があります。結婚するまでは遠距離なことには変わりないのが辛いと思います。

結婚までたどり着けば二人はもちろん両家の両親も凄い喜んでくれるはずです。

 

【遠距離恋愛 どこから】まくいかないカップルの特徴

遠距離恋愛の課題:連絡や会う頻度の少なさ

遠距離恋愛では、連絡や会う頻度が少ないことがうまくいかないカップルの特徴として挙げられます。

具体的には、飛行機や新幹線を利用しないと会えない距離に住んでいるパートナーとの関係では、交通費や時間の制約などの理由で、頻繁に会うことが難しい場合があります。

このような状況では、お互いの存在を感じるためにも、頻繁に連絡を取り合うことが重要です。

パートナーが遠くにいても、メッセージや電話などを通じてコミュニケーションを取ることで、距離感を縮めることができます。

遠距離恋愛の課題:相手を束縛してしまうこと

遠距離恋愛のカップルでは、頻繁に会えないために不安や寂しさが募り、過度に相手を束縛してしまうことがあります。

特に、顔を見て話す機会が減る遠距離恋愛でのコミュニケーションでは、相手の気持ちが分かりにくくなることが多いです。

例えば、相手が「明日は仕事が早いから、もう寝るね!」と言ったときに、「話をするのが面倒くさいのかな?」や「嫌われたのかな?」と心配しがちです。

結果として、不安な気持ちを感情的にぶつけたり、相手に対して浮気を疑ったりすることで、喧嘩に発展することもあります。

遠距離恋愛を成功させるためには、信頼と理解を持ち、相手の自由を尊重することが重要です。

 

【遠距離恋愛 どこから】長続きさせるためのコツ

相手のことを信じることが基本中の基本

遠距離恋愛をしていく中で相手を信じることは当たり前だと言えます。信じることができないのであれば遠距離恋愛は難しいです。

お互いが離れ離れで暮らしている分不安に思ってしまったり浮気などは大丈夫なのかと疑ってしまう気持ちが出てきてしまうことがあります。

そういった不安などが日々大きくなり相手に電話などで心に思うことを口にだしてしまうことになることもあります。そうなってしまうと相手は信じてないのか。と怒りの感情が現れてしまいます。

そうなるとお互いの関係に亀裂ができてしまうので今後に影響が出てきます。一度傷ついた関係は修復するのが難しいので、最初から相手を信じきる気持ちが大事です。

お互いに信じ合うことをしないと遠距離恋愛も上手くいかないです。

会う頻度を決めておく

お互いが離れて生活をしていく中で関係を大切にしていくためには適度に会う必要があります。

会うにしてもお互いの予定や金銭面の問題があると思いますが、それをいっていたら会えるタイミングで会えなくなってしまいます。

そこでしっかりとお互いで話し合いをしてどれくらいの頻度で会うか。話し合いをする場を作ることが大事です。

話をしているとお互いの意見が合わないといったことがおきてしまいますがお互いの思う考えに近い答えに合わすといいです。

お互いが一方的に意見を言い合っても答えがでてこなくなりますし、会うことに対して適当になってしまうことになるので時間をかけてでもいいので話をしましょう。交際している以上二人が会うことはとても大事です。

連絡はマメにとる

なかなか会えない分連絡は頻繁に取り合いましょう。毎日とはいわないですが寝る前10分程度電話をするだけだも違います。電話は相手の声を聞くことができたり相手がどうしてるのか確認することができるのでいいです。

逆にメッセージで連絡を取り合うこともできますが、メッセージだと返信が来なかったり次の日に返信が来るといったことになるので、コミュニケーションの手段ではあるけれどなるべく電話で連絡を取り合うようにしましょう。

やはり遠距離の寂しさを消し去るにはパートナーの声を聞くことで寂しさを消すことができると思います。

それに寝る前に声を聞けばまた次の日頑張ろうというきもちにもなれてお互いに大きな力を出してくれると思ってます。

電話も毎日でなくていいので話し合いをして連絡を取る頻度を決めるといいです。

不安なことは話すようにする

不安なことは自分で抱え込まないで思うことは相手に話をするようにしましょう。特にパートナーと会えないとなると不安は付き物です。

不安なことを抱え込んでいるとその事に対して自分自身ネガティブな考えに陥ってしまいあることないことまで考えてしまうことが考えられます。

そうなってしまうとたいしたことのないことで喧嘩に繋がってしまうのでよくないです。やはりいいことも不安に思うこともしっかりと相手に自分の心の言葉をぶつけるようにすることでお互いの絆を深めることとなります。

遠距離なので限れた時間でのコミュニケーションだと思います不安をぶつけることも大事です。お互いに溜め込

将来に向けた、前向きな話をする

遠距離恋愛も不安に気持ちになりやすいですが、しっかりとお互いが結婚するという意思をぶつけ合うことで不安な気持ちも自然となくなると言えます。

人間ネガティブな話をしてしまうと気持ち的によくないのでなるべく前向きな話をするようにします。

前向きな話をすることでお互いが明るい気持ちになりさまざまなことにやる気が出てきます。また遠距離恋愛で大切と言えるのがお互いが悲しい気持ちにならないようにすることです。

そうならないためにも結婚の話に限らずにお互いが前向きな気持ちになれるような話を積極的にしましょう。

前向きな話でなくてもお互いを誉めあうことも一つの方法だと思うので二人で話をしていい方向へ向けるようにしましょう。

遠距離は続かない?続く?理由は?遠距離恋愛を長続させるコツ

【遠距離恋愛 どこから】どのくらいの頻度で会うのがいいの?

学生カップルの頻度:時間はあるから交通費次第

学生での遠距離恋愛となると時間は沢山あるかもしれませんがお金がないのが現実です。お金も学費や生活費などに当ててしまうため交通費に費やすお金がないとも言えます。

やはり時間とお金のバランスが重要と言えます。お金が沢山あっても会う時間がなかったら全く意味がないです。

なので学生に向けた遠距離恋愛にて会うためには長期の休みが設けられているのでその時にパートナーに会いにいくのがもっともだと言えます。

そのために学費や生活費などといった出費もあるかと思いますがアルバイトをして毎月少しずつでいいので貯金をすれば長期の休みにあわせてお金を作ることができますので交通費は確保することができると言えます。

会うための努力として頑張ることが大事です。

どちらかが社会人カップルの頻度:社会人に合わせる

遠距離恋愛をしている中でどちらかが社会人の場合があるかと思いますがそういう場合は時間がなくて会う機会が取れないということになります。なので社会人の方に都合を合わせることで会うタイミングを作れることとなります。

また社会人の方が相手に会いにいくといいでしょう。というのもしっかりとした職人しについて安定したお金を稼いでいるので学生よりもお金があるからです。

それに社会人なので仕事がメインとなるので時間も限られてしまうので早い段階から会う日程について確認し合う必要もあります。

また恋愛を上手く成功させるたまには社会人の人が学生をリードしていくことが大事だとも言えます。

社会人カップル:お互いの休みに合わせて

社会人カップルの場合だと休みをあわせて会うことが一番です。むしろそうでないと会えないと言えます。月に何回かお互いに休みが合う日があると思うのでお互いぎ都合のつく日に合う方向で話を進めていくようにしましょう。

でないと休みの日は仕事の疲れがあるから休みたいやあまり動きたくないといった感情が現れる可能性もあるので、早め早めの予定を組むことが大事です。

そして日々の仕事の疲れなどがあるかと思いますが好きな相手と会うことで癒されます。

逆にただ会うだけでは物足りなさはあるかと思うので旅行へでかけるのもありだと思います。なかなか会えない二人なのでどこかへ旅へ出かけることで心がリフレッシュされることは間違いないです。

とはいっても休みが合うことが前提になります。

2~3時間で会える距離:週一がベスト(交通費次第)

遠距離恋愛といっても移動するための距離時間には限りがあると思います。半日かけて会いにいく場合は移動に時間がかかりすぎてしまうため二人の時間があまり取れないと言えます。帰りもまた同じ時間をかけて帰るからです。

近いにこしたことはないですが遠距離という縛りがあるので移動時間は2時間~3時間がほどよいと言えます。

それくらいの時間なら苦痛に感じることもないですし我慢できる時間だと言えます。それに移動に時間をあまりかけることはないので二人の時間を十分に楽しめます。

一番はお互いの住む場所の中間地点で毎回会うことが最適ですがお互いが納得しなかったら意味がないので話し合い

新幹線・飛行日を使う距離交通費の負担があるので月一がベスト

新幹線や飛行機を使うとなると往復での料金が多額といえるので頻繁には会えないと言えます。頻繁に会ってしまえとお金がなくなってしまいますので注意が必要となります。

そうならないためにも新幹線や飛行機を利用する場合は月に一度かあるいは二ヶ月に一度のペースで会うことが最適だと言えます。その程度ならお金もあまり消費することなく終わることができます。

ですが頑張って新幹線や飛行機に頼らずに休みの前日の夜から夜行バスを利用して移動するとお金を安く済ませることができます。

夜行バスなら月に一度のペースでなくて月に三回程のペースで会うことができると思います。移動手段は人それぞれ合う方法で会いにいくのが最適です。

【遠距離恋愛 どこから】遠距離恋愛が辛いときの乗り越え方

遠距離恋愛が辛いとき、寂しい気持ちを乗り越える方法には以下のようなものがあります。

自分時間を充実させる

遠距離恋愛中は、自分自身の時間を充実させることが重要です。

恋人が近くにいないために寂しさや不安に苛まれることがあります。

自分の心が満たされないままだと、頭の中が恋人のことでいっぱいになり、マイナスの考えに囚われてしまうこともあります。

ですから、仕事や趣味など自分の興味ややりたいことに打ち込むことで、恋人への思いを考える時間が減り、不安や寂しさを軽減することができるかもしれません。

友だちに話を聞いてもらう

遠距離恋愛中では、不安や寂しさなどの感情がつきものです。

自分の気持ちを恋人に上手く伝えることができない場合もあります。

このような時には、辛い気持ちを共有できる相手が欠かせません。

自分の感情を言葉にして話すことで、心の重荷が軽くなることもあります。

信頼できる友人に話を聞いてもらうことで、気持ちを発散させることが大切です。

「寂しい」と正直に気持ちを伝える

遠距離恋愛中に寂しいと感じたとき、正直に気持ちを伝えることも寂しさを乗り越える方法の一つです。

自分が相手に重荷を感じさせたくないと考え、不安や寂しい気持ちを抑え込んでしまう人もいます。

しかし、言葉にしなければ相手に伝わらないことも多いため、感情が爆発してしまう前に正直に伝えることが重要です。

遠距離恋愛を続ける上での注意点

寂しいという気持ちを遠慮なく伝えることは大切ですが、それを言い過ぎると相手に負担をかけてしまう恐れがあります。

特に仕事や学業の都合で長距離恋愛をしている場合、一瞬で距離を解消することはできません。

会うたびに寂しいと言われると、相手は「このまま交際を続けても彼(彼女)は幸せになれないのかもしれない……」と考えて別れを選ぶかもしれません。

言葉で気持ちを伝える頻度には十分に注意が必要です。

テンションの低いメッセージは避けるべき

遠距離恋愛中は、「もう限界」「無理」といったテンションの低いメッセージを送るのは避けるべきです。

遠距離恋愛は相手も同じく辛い状況です。

テンションの低いメッセージを受け取ると相手の心が折れかけてしまい、「別れた方がいいのかもしれない」と考えてしまうこともあります。

逆に、相手を励ますようなメッセージを送れば、「会えなくても頑張ろう!」という前向きな気持ちにつながることが多いです。

言葉にできないときはLINEのスタンプを活用しよう

不安や寂しい気持ちを言葉にすることが難しいときには、LINEのスタンプを活用することをおすすめします。

文字のないスタンプを使えば、相手に不安や寂しさが伝わりやすくなるかもしれません。

スタンプを使えば軽い冗談を交えながら伝えられるため、自分の気持ちを言葉にしにくい人でも伝えやすくなります。

気持ちを言葉にするよりも、スタンプを使って伝える方がハードルが低くなるでしょう。

【遠距離恋愛 どこから】まとめ

遠距離恋愛はどこから?距離の定義や中距離恋愛との違いにおける悩み

遠距離恋愛って、どこからのことを言うのかについて定義しました。また、中距離恋愛との違いや遠距離恋愛での悩みついても紹介しました。

遠距離恋愛を乗りきるコツについても紹介したで、今一度読み返してみるといいですよ。

【遠距離恋愛 どこから】距離が離れている恋愛が難しい理由

遠距離恋愛が難しい理由について解説しています。遠距離が失敗してしまう原因を知ることで、別れしまうことを回避することができます。原因を知るのは大切なので、読み返してくださいね。

【遠距離恋愛 どこから】長続きさせるためのコツ
具体的に遠距離恋愛を長続きさせるコツを紹介しました。失敗する原因と併せて読むことで、より遠距離が長続きできる確率が高まります。

【遠距離恋愛 どこから】遠距離恋愛の定義は?
遠距離恋愛は「どこから」のこというのは、男性と女性では定義の仕方が異なります。相手の定義の仕方を知ることで、相手への理解が深まり、トラブルも減るでしょう。